サッカー部のOBに

閲覧数:327 ビュー 文字数:2677 いいね数:0 0件

高校のときサッカー部のマネージャーだったんですが、2年上の先輩とつきあっていました。

先輩たちが卒業して数ヶ月後、彼を含むOB7人と会うことになりました。

みんなで食事だと思っていたら居酒屋で、当時わたしはまだ高2だったので気が気じゃありませんでした。

2次会でカラオケへ行き、終わったときに2名は帰りましたが、残った人たちでAさんのマンションへ行く事になりました。

本当はもう遅いので帰ろうとしたのですが、彼が少し酔っていて

「行こう行こう」

と半ば強引に誘うのでついていきました。

そこでもお酒を飲んで昔話などで盛り上がっていました。

わたしはジュースで薄くして貰ったのですが、彼は止めたのにも関わらずグイグイ飲んで、真っ赤な顔をしてとうとう寝てしまいました。

彼が寝てからしばらくしてAさんが

「あやちゃん、隣りに来てよ」

というので、わたしはなんの警戒もなくAさんとBさんの間へ座りました。

Aさんが

「俺、あやちゃん好きだったんだよ」

とか言って、それを聞いてたBさんまで

「俺も俺も」

とか言い出し、わたしは

「うそだぁー」

と答えながらも少し浮かれていました。

少し酔ってきたのかAさんがしきりに手を触ったりしてきましたが、Aさんはちょっとカッコイイ系だったので悪い気はしませんでした。

でもだんだんエスカレートしてきて

「あやちゃん好きー」

なんて言いながら抱きしめてきました。

わたしは

「きゃあー」

なんて言いながらちらっと彼の方を見ましたが、相変わらず赤い顔で完全に寝ていました。

Aさんは頬擦りまでしてきて、ちょっと困っていたら、だんだんと少しずつ唇が近づいてきて、んっとキスをされてしまいました。

隣りでBさんが驚いて

「おいおい、それってありなの?」

とたずねるとAさんが

「いいんだよ、ね?」

とわたしに聞きました。

わたしは恥ずかしくて曖昧に笑っていたら今度はBさんがしがみついてきたので

「やだ、だめー」

と軽く抵抗してたらふたりに押し倒されてしまい、わき腹をくすぐってきました。

じたばたしてたらBさんにもキスをされ、Aさんは胸を触ってきました。

気がつけば他のふたりまで寄って来て足とか触っているのでさすがにまずいと思い、しどろもどろで

「まって、○○さんが起きちゃうから!」

と言いました。

するとAさんが

「じゃあ隣りの部屋に行こうか?」

と言い、Bさんまで

「それじゃ行こう」

と言って手を引いてきました。

わたしは

「え?え?」

と言いながらも、妙な流れに逆らえず立ち上がってしまい、よろよろと歩いてしまいました。

わたしがピンチなのに彼は全く起きる様子もなく、なにも知らずにいびきまでかきそうな勢いで寝ています。

その横をわたしは少し乱れた服装で男の人4人に連れて行かれているのに…。

ちょっとむっとしました。

部屋に入ってドアがしまると、待ちきれなかったかのようにみんなの手が伸びてきてわたしのボタンをはずし始めました。

わたしは

「ああ、ちょっと待って!」

と言いましたがぱっぱと服が脱がされていき、ブラのホックが外されてスカートは下ろされました。

そしてとうとうショーツまでぺろりと下ろされてしまい、部屋に入って1分もたたないうちにほぼ全裸にされてしまいました。

恥ずかしさでうずくまったらそのまま横にされ、すごい力で腕をおさえられて胸をまさぐられたりキスをされたり…。

Bさんが

「あやパン、ゲットー」

と言いながらショーツを目の前で広げたときは、裸にされた事実を再認識させられ、恥ずかしくて死にそうでした。

わたしはもうほとんど抵抗をあきらめ、されるがままの状態でした。

4人の舌で、胸はもちろんわき腹やわきの下まで体中を舐められたり、入れ替わりキスをされたりしてかなり興奮していました。

誰かが足を開いてアソコをべろりと舐めたときは、自分でもわかるくらいとろとろと濡れてきました。

さらに舌を入れられ、突然軽く歯を立てられたときは

「いやあ!」

と叫んで狂ったように腰を振ってしまいました。

みんなもびっくりしてわたしの口を塞いできました。

こんな姿は彼にも見せていません。

その彼が隣りで寝ていることを忘れるほど興奮していたのです。

それでもさすがに

「あや、もう入れるよ」

と言われたときは

「中はだめ」

と言いました。

するとAさんがゴムを箱ごと持ってきて、いそいそと付けると同時にぬるりと入れてきたので思わず

「ひっ」

と叫んでしまいました。

一度声が漏れてしまったらなかなか止められず、しかも誰かに腕を押さえられたまま犯されているのでレイプのような気持ちになり、入ってくるたびに

「ん!ん!」

とかえっちな声が出てしまいました。

Bさんにはバックで犯され、後ろから胸を揉まれたり背中やお尻をなでられたときはたぶんイッてしまいました。

彼としているときとは比べ物にならないくらいの気持ちよさのため、何回か意識が飛びかけました。

一通り終わったあとぼーっとしてたら、Cさんが

「今日は来てよかった」

とか

「あやとやれるとは思わなかった」

とか言ったので

(そっか、みんなにやられちゃったんだ)

と実感がわき、ちょっと彼に悪いと思いました。

Aさんに

「ベッドを使っていいから」

と言われ、みんなは部屋から出て行きました。

わたしは下着をつけて脱ぎ散らかされた服をたたみ、シャワーを借りたかったけど我慢してベッドに入り、しばらく色々考えていたけどいつの間にか寝てしまいました。

翌朝、みんな何事も無かったようにしてましたが、なんとなくにやにやしているような気がしたので、彼を置いてひとりでさっさと帰りました。

あれから5年近くたっていますが、多人数はこれが最初で最期です。

最近はもう1度やりたいかもと考えてしまいます。