軽音サークルの先輩たちと朝方まで…

閲覧数:15 ビュー 文字数:1377 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

大学の時軽音サークルに入ってたけど、都合のよい時呼ばれてやられてた。

1対1は少なくいつも数人で、誰かの家にみんなが集まって呼ばれるのがパターン。

でも夏の夜に学校のプールでやったことも。

居酒屋で下着一枚にされたことも。

新歓でまわされて、そっからずるずる卒業まで。

体験人数は30人くらいかな。

今は立派に教師やってます!

まだサークルに入るかどうか決めてないくらいの時、そのサークルで飲み会があるから行ったと思う。

それが確か新歓だったはず。

その前から同じ学部、同じ高校の先輩に誘われてて、名前知ってたのはその人だけ。

一人じゃ不安ということで、同じ学科の友達を連れて飲み会やってる居酒屋に行った。

サークルはほとんど男で女は私、友達とあと2人だけ。

あとでわかったけど、その二人はサークル内の男と付き合っては別れという感じで結構複雑だった。

校舎が離れてるから実は女のコは多いけど、来てないとのこと。

その先輩は私が高校の時友達の彼氏でみんなでカラオケとかによく行ってた。

私が同じ大学に入った時、もう友達とは別れてたけど、軽音で一緒にやろって誘われてた。

だいぶ盛り上がって、みんないい感じになって先輩の家で2次会ということに。

その時友達はもう帰ってて、女は私と女の先輩1人だけ。

男は7、8人くらいだったはず。

でも全然えろいとかなく、明るい感じで楽しかった。

はっきり言ってあんまり覚えてないのだけど、気が付いたら女の先輩と男の先輩数人が消えて、残ってるのは私と3人の先輩と一人の同期。

それでもずっと飲んでて、気づいたら寝てた。

次に気が付いたのは股に違和感を感じてから。

なんと先輩が私のあそこに指を入れてる。

びっくりしてあたりを見回すとみんな寝てた。

小声で拒否するも先輩さらに激しく指を出し入れ。

いつものやさしい先輩ではないような怖い顔だった。

声を押し殺して耐えてたけど、先輩はそんなのお構いなしでせめて来てあっというまに挿入までしてきた。

先輩は一言もしゃべらずにずっと激しく突いてきた。

そんな状況でいつのまにかほかの人も起きてきて、私の頭を掴んでフェラを強要してきた。

みんなが何も話さず機械的に犯されているような感じ、もののように扱われている感じがすごくした。

3人の先輩にかわるがわる挿入されて、フェラをしていたけど、すごく興奮してしまって何回もイッてしまった。

先輩達も何かやらしい言葉をいろいろ言ったりして喜んでた。

私が感じてるのがすごくわかったみたい。

いつのまにか同期は帰ったらしかった。

それから朝方まで何回かして寝て、夕方くらいにやっと家に。

と、これが最初。

あんまりくわしくなくてごめんなさい。

で、それから同じ高校のその先輩は私に対してなんか冷たくなって、ただやるときに呼ぶだけ。

みんなからもそういう扱いを受けながら4年間すごした。

でも、そういうみじめな扱いに興奮してたのも本当。

今となっては懐かしい思い出。

みんなどうしてるんだろ。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。