バイト仲間とカラオケボックスで

閲覧数:112 ビュー 文字数:3859 いいね数:0 0件

ちなみに乱交ではなく3Pの話ですが・・・。

俺が二十歳ちょっとの時、パチンコ屋でバイトをしてた。

やったことある人は分かると思うけど、パチ屋のバイトって人数も多いし、女率も高いので、学校みたいな感じで皆、仲が良かった。

その中で、俺は同い年の山本と仲良くなった。

山本は地方出身で中卒で、世間で言うDQNだったらしく、中学卒業後は先輩とつるみ、相当な悪さをしてきたらしい。

山本はよく、ナンパした女を半ば無理やりラブホに連れ込み、よく複数プレイをしたという話をしてくれて、複数プレイの経験が無かった俺は、すごい羨ましくていつか俺もやりてーとか言ってた。

バイトの話に戻るけど、女もたくさんいて、しかも早番だったので、仕事帰りにバイトのメンバーでよく飲みに行ってた。

飲みに行くと、男も女も下ネタを良く話して、俺も酔ったふりをして、おっぱいやけつを触ったり、際どい質問をして喜んでいた。

中でも青田恭子という女はすごいエロかった。

青田は、見かけはおっとりしてて、そこそこ可愛いけど、よく居る、超ブリッコで女からはすごい嫌われて、男にはコビを売るような奴。

おっぱい触っても、口では

「やめてくださいよー」

といっても嫌がる気配も何も無い。

AVに出たって噂もあり、超ヤリマンだという噂もあった。

俺は、山本と二人で飲んでいる時に、

「青田なら3P出来そうじゃない?」

と持ちかけ、山本に協力してもらって実行に移した。

作戦というか、計画は特に立てなかったが、とりあえず3人で飲みに行く事にした。

皆で飲みに行く事はしょっちゅうだけど、山本・青田・俺3人で行くのは初めてだった。

とりあえず、何時もの様に普通に飲んで、もちろん下ネタやエロい話をした。

青田はバイトの休憩中でも下ネタに載ってくる女で、休憩中に

「ペットボトルの飲み口をペロっと舐めろ!」

と言っても舐めてくれるような、すごいノリが良かった。

だいぶ前の話だから覚えてないけど、居酒屋で好きな体位とか、今までどんなプレイしたとか、そんな話をしたはずだ。

頃合も良かったので、

「カラオケに行こう」

と言ってカラオケに向かった。

(当時、バイト飲みでは飲み屋→カラオケは普通のパターンだった)

カラオケに向かう途中も、青田を真ん中にして三人で手を繋いでいたと思う。

エレベーターでも横乳を触ったりとかしても、まったく嫌がるそぶりを見せなかった。

カラオケ入り、30分位は普通に歌っていたが、青田を真ん中に挟んで3人で並んで座った。

ちなみに部屋は真っ暗でモニタの照明以外は消していた。

青田が歌っているときは、山本に分からないようにお尻や乳を触ったが、流石に軽く手で振り払われた。

俺が歌う番になると、俺はあえてモニタの前に立って、二人に背中を向けて歌った。

横目というかなんとなくだが、山本はキスや胸を触っていたと思う。

山本の番になると、山本は打ち合わせをしたかの様に俺と同じように立ち、今度は俺がキスをしたり、生乳を揉んだりした。

ちなみにこの時に初めて青田の胸も初めて生で揉んだ。

そんな事を2ループ位したら、青田は最初は払いのけたりしたが、そのうち拒否をしなくなり、軽く声を漏らし始めた。

俺は結構言葉責めをするんだが、

「かわいいよ」

とか

「気持ちいい?」

とか言うと、

「エッチ~」

とか

「うん」

とか反応した。

調子に乗った俺は、山本が歌ってる最中にチンコを出して

「興奮しちゃったからちょっと握って」

と言った。

拒否などまったくせず、笑顔で握る青田。

俺はさらに調子に乗ってみた

「一瞬でいいからさーペロっとお願い」

流石にイヤーとか言う青田。

でも

「恭ちゃんがかわいいからさ、お願い!」

とか言ったら、山本の方を一瞬見てペロ!っとしてくれた!

俺は凄い興奮した。

後で聞いたが俺が歌っている時は山本はキスとかおっぱいとか揉む位だったらしい。

ちなみに二人とも、この時点ではマンコは触ってなかった。

恐らく想像だが、山本とエロい事をしているのは俺に、俺とエロい事をしているのは山本にバレていないと青田は思ってたんだろう。

俺も山本も歌ってる最中に振り向く事はあったが、お互いその時点でパッと離れたり、分かっていても突っ込まなかった。

カラオケと言うことで、耳元でしゃべらないと聞こえないので、密着が不自然じゃないとでも思ったのだろう。

話を元にもどそう。

そんな事を続けてるうちに山本はトイレに行くと言い出した。

俺はすぐさま青田に襲い掛かり、おっぱいを舐めたり激しいキスをした。

青田も全く嫌がらない。

俺は

「ごめん、ちょっとでいいからさっきの続きしてくれない?」

と言った。

青田は山本が戻ってくるとまずいと言うが、また適当に青田を褒めて、最終的には俗に言うフェラをしてもらった。

青田は上半身ははだけて、俺のチンコをしゃぶってた。

流石にヤリマンだけあって、フェラがすごいうまかった。

「恭ちゃん上手だね」

「すげー気持ちいい!」

とか言うと

「褒めるね~」

とか言って、さらにしゃぶってくれた。

ふと部屋の外をみると、扉のガラス越しに山本が手を振って笑ってる!

青田はフェラをしているのでそれには気付いてなく、俺も手を振ったw。

たしかこの時山本は、入っていい?みたいなサインをしたので、俺はカモン!みたいなサインをしたと思う

「ガチャ!」

っと扉が開き、青田はすぐさま離れたが明らかに山本に見られた。

「何やってんだよ~」

とニヤニヤ笑う山本。

俺もニヤニヤだが、

「さー俺の番」

とモニタの前に立ち歌い始めた。

しばらく歌ってパッと後ろを向くと、山本は青田とキスをしながら生乳を揉んでた。

「何やってんだよ~」

と今度は俺が言う。

俺と山本の作戦が成功した瞬間である。

こうなったらもうこっちの物。

青田は

「え~」

と笑って誤魔化してたが、俺と山本は青田に襲い掛かった。

おっぱいを二人でもんで、青田を上半身裸にした。

山本は青田にフェラをするように言うが、青田は拒否をせずフェラをする。

それをみて俺は超興奮。

青田のマンコを攻めようとしたが青田は網タイツを履いていた。

網タイツを下ろそうとすると、マンコは嫌がったのか青田はフェラを辞め網タイツをもって抵抗する。

俺は強引に網タイツを脱がせると、パンティも剥ぎ取った。

「いやーんw」

と青田は口では拒否をしたが、マンコは凄い濡れていたw。

俺は再度青田にフェラを要求しフェラをさせた。

そうすると、山本はズボンとパンツを下ろし下半身裸の状態で、ソファとかイスを寄せて、ベットの状態にしたw。

そこに青田を寝かせると、俺は覆いかぶさっておっぱいを揉みながらキスをして山本はマンコをさわりだした。

青田はエロい声を出し始めた。

しばらくすると山本は青田に挿入した。

青田は漏らす様に声を出す。

俺はそれを見て再度青田にフェラをさせた。

正常位の青田に山本が挿入、その体制で首だけ横にさせてフェラをしているような感じ。

しばらくすると山本が、お前も入れていいよと言うので、俺も挿入することに!

しかし、俺は酒を飲みすぎたのか、初の複数プレイで緊張したのか、半起ちの状態にしかならなず・・・・涙。

しょうがなく、山本に譲り再度山本が挿入した。

俺はさっきの体制でもう一度フェラをしてもらった。

山本は逝かなかったが、しばらくすると再度俺に入れろと言って来た。

しかしまた半起ちで入らず・・・さっきまではギンギンだったのに(涙)

そこでもういいやと言って、俺も山本も服を着だした。

青田も服を着ていったが、網タイツが破れたらしく怒ったらしく、トイレに行ってしまった。

青田はなかなか帰ってこなく、青田の反応から

「レイプされた」

なんて騒ぐはずも無いと思っていたが、青田はバイトの先輩Aと社員Bと一緒に戻ってきた。

俺たちは凄い焦ったが、AとBは特になにも言わなく、

「青田から電話をもらったから着た」

とAとBは話した。

しかし、カラオケを出る時にAかBからか青田が

「変なことを俺たちにされた」

と言ってきたと、注意をされた。

しかし、普段からAはしなかったが、Bも青田も含む女のお尻をさわったりとか、飲み会の時に俺もおっぱいを触ったりとかしてたので

「酔っ払っておっぱい触った程度です」

と言って説明し、それ以上は俺たちも何も言わなく、ABも青田も何も言わなくそのまま解散した。