美人妻の自宅で…

閲覧数:49 ビュー 文字数:773 いいね数:0 0件

同じ階の、美人妻(マキ)とは、一ヶ月くらいの付き合いだ。

はじめは、エレベーターや、通りで会うたびに、

(きれいだ。一度でいいから抱いてみたい。あのTシャツの中を見たい。)

と思っていた。

旦那の顔は見たことないが、ほとんど家にいないみたいだった。

ある時、噂で

「あの奥さんは男遊びがすごい」

と聞いた。

そう考えてみると、男好きそうな感じに見えてきた。

ちょうどエレベーターで、マキと二人っきりになった。

マキは、エレベーターのスイッチの所に立ち、俺はその後ろにいた。

後ろ姿を眺めていると、ムラムラきて抱きついてしまった。

「キャー。何するの」

もう後戻りできない。

必死でマキの唇を奪いました。

マキは、抵抗した。

しかし、胸をまさぐり、強引にキスしている内に抵抗しなくなった。

「君の家に行こう」

と言うと、

「いいわよ」

そのまま、マキの自宅へ行き、入るとすぐ寝室のベッドに倒した。

服を脱がせ乳首に吸い付き、手は、パンティーの上から割れ目に沿って上下に動かした。

マキの体は、のけぞり感じています。

俺は、舌を徐々に下の方に這わせながら、パンティーを脱がせ、局部を舐めた。

マキは、自ら大きく足を開き、

「ここを舐めて~もっとぉ~」

中からは、ジュースが出てきます。

俺は、我慢できず挿入した。

溢れるジュースのお陰ですんなり入った。

「ああああ、もっとはやく~。」

僕は、激しく突いた。

しかし限界です。

マキの中に出した。

それから、2~3日に1回は、会社の帰りに寄っています。

妻とでは出来ないエッチをして、楽しんでいる。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。