西内ま○や似のヤリマン妻(8)

閲覧数:333 ビュー 文字数:6554 いいね数:0 0件

左手は落ちるまりや汁を手のひらでたっぷり受けとめローション代わりにしたあとでまりやの両方の乳房を強くつかむ。

まりや「ああっああっ」

といいながら俺の両手の手首をつかむ。

腰の前後の動きは完全にグラインドになっている。

1分ほどそれが続いたあと、まりやの手が俺の手首から離れる。

右手がまりや汁でべっとべとになったティムポの下のほうに添えられる。

俺の右手が邪魔に感じられたので、ゆっくりと抜き、クリも経由した上でまりやの下腹に移動。

すりすりぬりぬり。

まりやの腹筋感じる。

まりや、両手とも俺のティムポに添える。

完全に素股だなこれ。

やばい気持ちよさ、握力調節次第ではイッてしまう。

まりやの腰はとまらない。

俺の両手は乳房にうつる。

まりやの声が短く

「うっうっうっ」

にもどる。

まりや、右手でティムポを上から完全ににぎる体勢。

そして左手は自分のクリタッチ。

グラインド継続。

俺だんだんやばい状態。

グラインド幅は増し、右手でのティムポこすこすは一番深い位置ではボールまで到達。

当然ボールから竿の先まで全身まりや汁でぬらぬら。

手がボールに到達したときに、微妙にぎゅっと握ったり、中指の先で玉の間の線のところを左右にゆらゆらしたり、手が先に来たときは亀頭を手のひらですばやく一周。

ちょっとイキそう。

握る力もボール、根本、先で微妙に変えてきてるはず。

俺、その戦いの合間を縫って右手をするっと。

(そのへんべとべとなのでどうにでもなる)

クリ横からティムポの手前にすべりこませ指2本をマムイン。

スポットから手前の膣壁を摩擦。

まりや「くぅっ」

と喉をならす。

指はグラインドのペースをあえて壊すようにゆっくりとぐちゅぷぐちゅぷとかき回す。

まりや腰が止まる。

俺、指をゆっくり抜き、手のひら全体についたまりや汁を太ももから腰にぬりたくる。

まりやの右手をとってまた指をべっろべろになめてやろうと思ったが、手を払われる。

そして尻を左右にすこしもじもじ。

そして微妙に前に移動。

ゆっくり小刻みにグラインド再開。

そして腰を少し前倒しにする。

亀頭のカリの部分(といってもほとんどカリないです、すんません)がクリにあたったところで、前から押し付ける手に力が入り、クリ刺激。

かつ微妙に腰が動き、さらに腰を前に、亀頭がまさに膣にあたる。

角度的にはもう入っても全く不思議のない角度。

また腰が後ろにひかれ亀頭が出て来る。

まりやのぬるぬるの手のひらにつつまれる。

また腰が前に出て、クリ&亀頭になったときに腰が左右に微妙振動。

まりや鼻息荒くなる。

また亀頭が膣入り口通過。

腰がひかれ亀頭が出る。

そしてまた亀頭&クリが出会う。

腰をおしつける力が強くなった、腰が下がる。

(俺)「いいのか?」

(ま)「次教えてあげるって、、いった、、で、、しょ、、」

はいった。

まりや自身の意思ではいった。

一気に根本まではいった。

中でうずめいていたまりや汁がしたたり落ちる。

俺たまらず

「んんんんーーー」

と声が出てしまう。

今までたまりにたまった感情がはじけてしまいそうな感じ。

もう辛抱たまらずピス開始。

セーターを置いた椅子を目の前にもってきて、まりや、背もたれに手をつかせて上体45度ぐらいの角度。

俺まりやの腰をもってピス。

あまりに気持ちよすぎて、たまってた感情も爆発して

「うあああうあああ」

と唸ってしまう。

まりや、はじめて

「ああん、気持ちいい、気持ちいいよぅ」

と発言。

俺わけわからんくなって鬼ピス。

その後バランスとれることがわかったので、腰の手をはずし両乳房からクリからもう触りまくり。

まりやの快感カーブを高めるというよりももう自分の興奮のためにただただ触ってた。

マムからは今まで一番大きい音でぐちゅぷぐちゅぷぐちゅぷと音が出る。

太ももつたってまりや汁がどんどん流れ出る。

まりやだけでなく俺も大汗。

ピスと同時に右手中指をクリ、左手を左乳首の体勢が一番まりやの声が大きくなるので、それで30秒ほど攻めたところ、ついに

「ああっ、ああっ、俺さん、俺さん、気持ちいいよぅ」

と名前を読んでくれた。

俺も快感の最上級ステージにおり、相当に気持ちが高ぶっている状況で、正直まりやの名前を呼びたかったが、なんとなくしちゃいけないような気がしてた。

これは前回あたりからなんとなく感じていたことだった。

俺、まりやが前についている状態の脇から両手をいれ、前から肩をがっしりつかみ、そしてまたピス。

まりや上体が少し起き上がる。

そして後ろにターン。

そっとベッドの上にまりやの上体を置く。

ベッドの角のところにはまりやの腰、足は下にぶらさがり膝でまがった上体。

まりやの両手を左右から頭のほうにもってくる。

俺手をついた状態で鬼ピス。

もうね、気合入りましたよ。

気合というか感情を全ての突き、一突きにに込めた、込めまくった、全力で込めた。

快感カーブ急上昇。

まりや汁出まくっているが、もう生膣なので快感度は落ちない。

まりや肩の部分を浮かし、首は折れて、おでこがシーツに落ちてる状態。

感じすぎておでこをシーツにごしごし、

「あーっあーっあーっ」

と止まらない。

俺は今までにたまっていたもの叩きつけるように体は動き続ける。

でも感情たかぶりすぎで快感カーブの上のほうまできて暴発リスクが少し見えてきた。

ここで暴発しちゃったらしゃれにならんので、ピスをゆっくりととめる。

まりや、顔を左に向けて眼を閉じ深く肩で呼吸している。

俺ゆっくりと上に倒れ込みまりやの耳元で、

(俺)「欲しかったものあげるよ」

(ま)「だめ」

(俺)「なんで?」

(ま)「だめだよぅ」

(俺)「だって欲しいって中に欲しいって、、」

(ま)「欲しいっていったけど出していいとは言ってない」

俺もうかなりワイルドな気分だったので攻め込む。

右手を腰の下にすべりこませる。

マムの下のシーツはびっしょびしょ。

中指でクリを刺激しながらゆっくりとピス開始。

まりや「くぅーーー」

と下を向き、まりや自身の腰も上下に動く。

俺ピスの周期をあわせ挿し込みを強く深くする。

(俺)「これでも欲しくないの?」

(ま)「、、、、はーっ、はーっ」

もっと強くする。

(俺)「これでも?」

(ま)「、、、、はーっ、はーっ」

体重を浴びせかけ、両手を乳房にもっていき、乳首を強く刺激し、強烈な一突き。

(ま)「ぐぅ、、、、」

とちょっと動物みたいな声。

俺は本気で出すつもりはなかった、半分ぐらいなかった、でもいいよといわれたら出してたかも。

でもそれよりも言葉が欲しかった、意地でも言わせたかった。

自分の両膝でまりやの足を開き気味にし強めピス継続。

(ま)「ふん、ふん、ふん」

という声になり、両肘をつき頭がかくんと落ちた状態になる。

背中には玉の汗。

それをひと舐めベロンとしたあと、つく手の位置をまりやのほとんど尻側にし、体重を目一杯前気味にかけながら渾身のピス。

まりやがベッドの振動につられて、ぐらんぐらん揺れる。

まりやの頭も揺れる。

手が肘付きから広げた状態になり、あちこち動き回り、あちこちシーツをつかむ。

顔は右向きになり声は

「うあああうあああ」

という声。

(俺)「いいのかよ、出していいのかよ」

(ま)「うああああ、だ、、、め、、うああああ、うああああ」

(俺)「おら、、おらおら、、、これでもかよ」

(ま)「うああああ、うああああ」(だめとすら言えない)

俺の汗がアゴからまりやの背中にぼたぼた落ちる。

ピスが強烈すぎてまりやが少しづつ上にずりあがっていく。

(俺)「だめなのかよ、いくぞいっちゃうぞ、精子でいっぱいにするぞ」

(ま)「だ、、、め、、だ、、、、って、、、、んんんんんーーーーーー」

まりやがが膝までベッドにのりあげたころ、俺まりやの上にのしかかり、両ワキ下からまりやの両肩をおさえ鬼ピス。

(俺)「ほら、、ほら、、」

(ま)「うああああ、うああああ」

俺、たまに片手を腰にすべりこませてクリくり。

(ま)「んんんーーーもぅ、、やめて、、出さないで」

まりやそこで歩伏前進でなんとか上に逃れようとする。

俺(70キロ近くある)の体が乗っかったまま、そして膣にぐっさり差し込まれて、ピスされたまま両手両足をもがかせ上に逃げようとする。

俺極度の興奮でわけわからなくなってしまい、

(俺)「うをーーーー」

とか言ってたはず。

まりや、ものすごい腕力で上体を起こし、更に上に行こうとする。

(ま)「ぐ、、ぐ、、ぐ、、」

腰にはピスされつづけ快感に耐えながらまだ逃げる。

(ま)「や、、、め、、て、、」

俺肩からの手をはずし上体をまりやから離して、まりやの頭と肩を荒々しくおさえつけてピス。

肩もぬらぬらなので持とうとした手が滑る。

また掴み直す。

まりや、左足のばして右足は腰、膝それぞれ90度ぐらいにまげ右にひらいた状態。

体は少し右側が浮いてる。

顔は右向いた状態で耳あたりをがしっ、とおさえられてる。

右肩をつかんで反動でピスってるので右肩も強く、そして体重をささえる支点にもなってる。

指がまりやの肩に食い込む。

まりやはもう動けない。

手足ばたばた動かす。

声はもうかすれて

「ひぃーーひぃーーー」

になってる。

ふたりとも

「うあああうあああ」

と言いながら最後に向かう。

俺、まりやがイクときの体の痙攣を感じた瞬間に射精臨界点を超えた。

あとそれをダメ押しするように、最大の強さ最大の深さで5回ぐらい突き切り、そのラストピスで射精開始。

精液が奥からびゅーっびゅーっと上がってきて、亀頭から出るかと思う2回めの痙攣の直前でまりやの膣から抜き、背中に射精する。

勢いがよすぎて、まりやの髪や俺自身の顔にも飛んでしまう。

ティムポは興奮しすぎて射精が終わろうとしてるときでもびくんびくんと大きく揺れる。

それが終わろうとするときに力尽きてまりやの上に半分かさなるように倒れ込む。

まりや痙攣して、尻がぴくぴくと動いていたが、俺が倒れ込んだとみるや、ぬるぬるの中で上を向き、舌を出してキスをねだる。

俺呼吸が極限に厳しいのを我慢して濃厚なキス。

苦しいのでクチビル逃れよう上と下をつけ舌を絡める。

口の横は開いたままでそこから空気を吸う。

そして残った力全力でまりやを抱きしめる。

全身びしょ濡れなのでベッドに寝て抱きあってる状態でも手の位置を自由に変えられる。

まりやと自分の体の接触面積がなんとか最大になるように体のいたるところをこすりつけあう。

ふたりの間にはふたりが分泌したあらゆる体液がまざりあって潤滑油になっている。

おなかの部分がふれあったり離れたりするたびに、一瞬真空のところができて、ぬちゃっぬちゃっと鳴ったりする。

二人共感情がピークに達しているので、意味不明なことをつぶやきながら体を複雑に絡み合わせる。

もう正直、中で出してもそうでなくても変わらん状況だなと思った。

まりやから入れてきたから大丈夫な時期なんだろうという計算も少しはあった。

髪の毛までびしょびしょになった状態でもつれあう。

両足もからませあいそのうちに正常位のような体制に。

感情がピークといっても体の快感もピークを経てふわっとした状態。

いってみればソープでマットを受けてるときの浮遊感、そんな中に浮いたような感覚。

そのなかで意識が薄くなりながらも、全身の皮膚でまりやを感じ、少しでもくっついていたいとこすりあう場所を探すまりやも同じことをしている。

そのうち正常位のような形になる。

もう意識など飛んでるに近い状況であるが身体中でまさぐりあうのは止まらない。

そして気がついたらまりやにまた挿入してた。

終わったあと拭いてなどいないので精液まみれ。

まりや、汁まみれの状態でまりやの奥に入ってた。

俺、もう意識というより生き物の本能でピスってしまう。

なんかね、笑われるかもしれないけどももうなにか風景が見えたよ。

風というか草原というか大空というか海原というか自然の風景のような、そんなのが頭に流れた。

自分もその自然の中の一部で勝手に体が動く。

まりやもピスられながら必死に俺にしがみつき、少しでもたくさん触れあおう、こすりあおうとしている。

もちろん舌も使う。

快感もあったと思うが、快感というより自然の仕組みのなかに組み込まれて自動的に動いてる。

頭も体も。

そして中でイッた。

まりやはイヤともイイとも言わず、ただ

「あーーーっあーーーーっ」

と言ってた。

そしていく瞬間はもちろん俺をしっかり体でも口でも膣でもゆっくりやさしくすべてを受け止めてくれる。

包み込んでくれる。

もうその瞬間に俺今日考えてたすべてのことが飛んだよ。

もうなにもかもどうでもいい。

目の前の事実だけでいい。

まりやはまりや。

自由にするそれがまりやだから。

それで起こった結果には全て従う。

そして俺はまりやにどこまでもやさしくする。

どこまでも気持ちよくする。

俺がまりやに世界で1番優しく接し、まりやを世界で1番気持ちよくした男になってやる。

もちろん俺も気持ちよくなる。

それで十分だ。

ほかに何がいる?

そんなことを考えながらまりやの膣の中でびゅーーびゅーーーっと放出し、動きが途絶えた。

まりや髪の毛までびしょ濡れ。

そして目尻には涙の跡があった。

キスする。

強烈なのではなくやさしいキス。

キスしたまま、

(ま)「俺さん、俺さん」

(俺)「んーーんーー」

(ま)「、、、」

「、、、、、、」

「、、、、、、」

声は発しないが口がきゅっとすぼまりそして横に伸びて開く。

(俺)「なに?」

(ま)「俺さん、俺さん」

「す、き」

と言ったのだろうか。

聞き返しても返事はない。

シャワーを浴びた。

シャワーを浴びながら立ちバックで挿入し中でいった。

ベッドに戻り、とてもおだやかでやさしいセックスをした。

挿入し中でいった。

また簡単にシャワーを浴びて、まりやの体を拭いてやった。

ホテルを出て駅まで送っていった。

改札の前までいっしょにいった。

そこでキスをし別れた