罰ゲームで乱交

閲覧数:53 ビュー 文字数:1121 いいね数:0 0件

高3のとき、ひとりの男子の部屋が学校帰りの溜まり場になっていました。

別に悪い人たちじゃなくみんな普通の友だち同士で、私ももう何度も行っていたので油断したのかもしれません。

ある日、誘われたからコンビニで買出しをして寄ったら、男子3人しかいなかったので、

「あれ?○○ちゃんたちは?」

ときいたら

「もうすぐ来るんじゃない?」

とのことでした。

ボードゲームをやって、私がビリになったとき突然

「罰ゲームをしよう」

なんて話になって、

「そんなの聞いてないよー」

と抗議をしたのですが、場を白けさすのもなんだと思ってしぶしぶ従いました。

内容は1分間くすぐり…もう完全セクハラです。

2人が腕をおさえ、わきのしたやわき腹を、もうひとりが足の裏を。

さすがに足の裏を攻められたときは、スカートがめくれるほど脚をばたばたしてしまいました。

ようやく1分がたち、(実際はもっと長かったかも)やっと攻撃が終わって息をふうふう整えていました。

解放されると思ったら、ひとりがそのまま顔を近づけてきてキス…。

最初、なにがなんだかわかりませんでした。

そしてもうひとりは制服のブラウスの中に手を、あとひとりは脚の間に入って腿をなでてきました。

さすがにまずいと思ったのですが、背が低い私と男子3人では敵うはずもなく、

「待って」

とか

「だめ」

とか言うだけです。

当時私は大学生と付き合っていたので処女ではなかったので、まあ触られるぐらいなら…とか、最後までされそうになったら断ろう…とか甘いことを考えていました。

そのうちブラウスのボタンは全開され、身体中をなで回されて

「やだぁ」

とか口先だけの抵抗になり、ブラをずらされたりショーツを指でなでられてもどこか他人事のような感じで、むしろ興奮しているような感覚になりました。

同級生に襲われているというのが恥ずかしくもあり安心でもあり、ショーツを取られるときは自分から軽く腰を上げてしまいました。

知り合いに全裸を見られているという事がさらに身体を感じさせ、何度もキスをされたり乳首をなめられたりするうちに恥ずかしい声が出てしまい、とうとう入ってきたときには演技じゃなくて本気で

「ひっ…ひっ…」

とあえいでしまいました。

彼氏に悪いという気持ちと、知り合いたちと、身体の自由を奪われてというのが混ざり合って心と身体が異常反応したようです。

もしかして、卒業前に最後という事でされちゃったのですかね…。