風俗嬢の輪姦されたりの家出体験談

閲覧数:74 ビュー 文字数:1533 いいね数:0 0件

以前デリで来た子から聞いた体験談です。

高校の時に家出して繁華街でナンパされて、食事と泊まれるとこを提供してくれる人についていくのを何日間か繰り返してたそう。

受けがいいからって家から持って出た制服を洗濯もせず、臭くて汚くなってもナンパされないときはトイレで着替えて待ってたらしい。

3Pとかもなれてたそうだけど

「あんたそんな汚いかっこで!行くとこないんやったら家に来!」

ってほぼ無理矢理知らないおばさんに浮浪者と間違えられたのか連れていかれた先が、いわゆる長屋みたいなとこで、そのおばさんも生活保護を受けて暮らしてたそうな。

そのおばさんもパンパンっていう風俗をしてたそうで、夜はほぼ家をあけていたらしい。

特にその子に強要することも何かを求める事もなかったそうなんだけど、寝床と食事を提供してくれて、毎日1000円渡されて

「買うもんなかったらそれためて好きなとこいったらいい」

って言ってくれてたから家事だけ手伝ってずっと寝てたとか。

その子が暮らすようになって2週間くらいでその長屋とか近所の人に若い子が住んでるってひろまったらしく、家に一人でいる時間にあからさまに窓を開けたり、風呂やトイレに入ってると窓に顔をくっつけてのぞきこまれたりしたそう。

おばさんに迷惑かけないならって、時々おばさんがでかけてすぐ、近所の人とセックスしてたらしい。

全部生で。

おばさんも気付いてたけど、口出しすることなくいつも通りしてたそうで、

「本当にいいおばさんだった」

って言ってた。

そのおばさんが

「仕事だから」

って知り合いの人と1週間ほど家をあける事になったそうで、どこから知ったのか近所の男共がこぞっておばさんが出かけた晩に詰めかけて、本人も嫌がってるのに4日間ほどまわされたって言ってた。

覚えてるだけで6人、初めてみる顔の人や、入れ墨のすごい人もいたからたぶん金取って連れてきた人もいたんだろうって。

もしかしたらおばさんがショバ代払ってた人かもっていってた。

最初の2日はご飯を食べるひまもなく、口にマンコにとチンポをつっこまれ、小便もたれながしでトイレにもいけないまま犯されたとか。

布団が臭くなってようやく布団だけ外に干されて、着てた服と下着は風呂場で洗面器につけられずっと裸のまま。

精液がパリパリしてきたら風呂場に連れていかれて、適当に洗われ、小便も大便も風呂場でさせられて。

そこからはアナルも犯されるようになったって。

食事で覚えてるのは出前のうどんとおにぎり、空腹なのにビール飲まされたのが何回かあったって言ってた。

そのビール瓶がどこまで入るかってつっこまれたって言ってた。

おばさんが帰ってくる2日くらい前にみんな引き上げて、裸のまま干しっぱなしにされてる布団を取り込んだ。

風呂場に置いてあった服と下着と、布団カバーをまとめて洗って、お風呂に入って洗濯物を干したら死んだように布団で寝てたら、全裸で寝てるのにびっくりしたおばさんから、

「死んでるかと思った」

って言われて起こされたらしい。

それから

「まとまったお金ができたから」

って20万円渡されて

「ここじゃ危ないから」

ってキャバのお店の人を紹介されて一人暮らしを始めたけど、いじめがひどくて逃げ出して今のデリのお店に行き着いたって言ってた。

衝撃的すぎる話で、大阪って都会の裏にまだそういうところがいっぱいあるんだって思いました。

長々すみません。

ヤリマンとの遭遇体験談投稿募集中

当サイトではヤリマンとのエッチな体験談を募集しています。合コン・ナンパ・オフ会とかでみんなが出会ったヤリマンとのエロい体験談をどんどんお寄せ下さい!
投稿する