会社の先輩の嫁さんを輪姦する会に誘われた話(上)

閲覧数:268 ビュー 文字数:6241 いいね数:0 0件

今年入ったばかりの会社なんだけど、忘年会のあと参加する人は~って流れで二次会のカラオケに参加してきた。

そこから、

「たしか君彼女いなかったよな、新人君もくるか?」

って誘われて30代後半の先輩夫婦の家に他の先輩方と誘われてついていった。

中古で買ったと言ってた、二階建ての一軒家のリビングに男四人で通されると、奥さんがビールとおつまみを運んできてくれた。

この時点で飲みながらの話でわかったことは、まず奥さんが32歳で3歳の子供を実家に預けてきてる。

俺以外の三人は去年も来てた、内一人は50代で初めから奥さんに対してセクハラ気味だった。

この時はまだ乱交までするとは思ってなかったけど

「みんな泊まっていくだろ?」

って先輩の質問で、そこまで飲むのかとか少し雰囲気変だなとは感じていた。

リビングで先輩夫婦と先輩方と俺の6人でしばらく雑談しながら飲んでたら、先輩が

「それじゃ、そろそろ」

と言い出して、奥さんが

「洗濯機の上にタオル用意してますので」

って言葉を口にすると、

「じゃあ俺からでいいかな」

と口にした50代の先輩がシャワーを浴びに行った。

こういうのよくわかってない俺はみんな泊まりって確認して、お風呂すすめてるのかと思って少し恐縮してた。

先輩ばかりなのでちょっとまとめると、A先輩30代後半、奥さん32歳、優しくていい人。

B先輩50代、A先輩より更に先輩、独身。

C先輩たしか32歳、太目でいかにも彼女無し。

D先輩28歳くらい、メガネかけて真面目そうで、こういうのに参加するタイプに見えない。

で、B先輩がシャワーに行ってる間、初参加になる俺にそれとなく伝わるようになのかA先輩と奥さんが、

「C君とD君って3回目だよね、最初はBさんと三人だけで~」

って話をしだした。

その話の流れでB先輩と3Pしたのが結構な回数で、C先輩とD先輩は今回が3回目って事を知った。

きっかけはB先輩を呼んで家飲みしたときに、セクハラ気味にちょっかいをかけられて、奥さんが応じてしまったらしい。

それから3人でするようになって、忘年会の時にC先輩、D先輩を誘ってみてこういう会を催すようになったとか。

俺が状況を理解した頃、シャワーを終えたB先輩が

「お先です」

といって、バスタオル1枚の姿で脱いだ服一式を持ってリビングに戻ってきて、

「じゃあ次C君入ってきて、そろそろお前も始めろよ」

とA先輩がC先輩をシャワーにすすめたあと奥さんに声をかけると、奥さんが立ち上がってダイニングテーブルに手をつくと、お尻を突きだしてスカートを捲った。

この時初めてノーパンだったのを知ったんだけど、B先輩がいきなりお尻を撫ではじめて、奥さんも嫌がるでもなく目をつぶって撫でられてた。

D先輩も奥さんの方をひたすらに黙りながら見てて、A先輩がビデオカメラを構えだしたから思わず

「えっ撮るんですか?」

って聞いてしまった。

「大丈夫、ネットとか載せたりしないから奥さん撮るだけだから」

と言って奥さんの顔とか触られてるとことかをA先輩はハンディカメラで撮り始めた。

B先輩はお尻を丸出しにしてる奥さんの後ろに屈んで両手で尻たぶを開いて、まんこを開いたり閉じたり繰り返しながらお尻の穴の匂いを嗅いで、

「今日も石鹸のいい匂いがしてますね、今日も後ろ準備してるんですか?」

と奥さんに声をかけると、目をつぶったまま奥さんが

「はい、後ろも使えます」

と呟いたときにはズボンの中でギンギンになってしまってた。

B先輩がまんこを舐めるというか、しゃぶるような音を立て出すと、D先輩は立ち上がって奥さんの横から服の中に手を入れて胸を揉みはじめた。

俺は椅子に座ったまま、何していいかわからず、ただじっと見てた。

B先輩のしゃぶる時とお尻をパァンと叩くときに奥さんの艶かしい声が大きくなった。

B先輩が指を入れて掻き出すような事をしはじめると、悲鳴みたいな声を出すようになって、C先輩がリビングにバスタオル姿で戻ってきた。

C先輩が帰ってくると

「じゃあ次D君ね、終わったら新人君すぐシャワー浴びてきて」

って事務的な指示をA先輩に出されて、C先輩と入れ替わるようにD先輩が奥さんの胸を揉み出した。

奥さんは

「アッアーッ!」

って悲鳴みたいな声を出しながら、C先輩の股間をバスタオルの上から触ってた。

時折胸元から大きな乳輪が揉まれながらチラ見えしてた。

B先輩が

「もういいかな?」

と奥さんに聞いて、バスタオルを椅子にかけて全裸になると、すごく左に折れ曲がってるぶっとくて真っ黒なチンポを出した。

手で持ちながら、

「もうちょっと突きだして」

と奥さんに指示を出すと、中に入ったのか奥さんがいきなりビックリするような大きな声で、

「アハァッ、ンアッー!」

みたいな声で叫び出した。

B先輩は入れながら

「ほらもっと叫んで」

と言ってお尻をパァンと平手打ちしてから両手でお尻を持って腰をふりはじめた。

そこからは奥さんがずっと大きな声を出し続けていた。

呆然としてその行為を見てると、A先輩が俺の横まで来て

「ビックリしただろ、こいつの声大きくて子供がいると起きてきてできないくらいだからね」

と笑いながら話しかけてきた。

俺は

「避妊とかしなくていいんですか?」

と聞くと

「病気とかもってないよね?だったら大丈夫だよ、子供も欲しいし中で出してよ」

と言われて驚きながらうなずいた。

B先輩の腰の動きが早くなり、奥さんの悲鳴が止まらなくなってきた頃、B先輩は

「どこに欲しい?ほらちゃんと言え」

ときつめに奥さんに話しかけてお尻を平手打ちすると、

「中にください」

と絞り出すような声で奥さんが話すのを遮るようにお尻をパァンと更に平手打ちしたB先輩は、

「どこの中だ、ちゃんと言え」

とSMぽい事をして、その間腰を止めてた。

奥さんが泣きそうな顔で

「おまんこのなか、私のおまんこの中にください」

とはっきりと声にすると、B先輩は

「中だな、よし、今度はちゃんと孕めよ」

と言ってパンパン腰を打ち付ける音を響かせながらすごい早さで腰をふった。

「いく、いくぞ、あっ、あーっ、いくっ」

と言って奥さんの腰を引っ張ったまましばらく動かないで、傍目にもB先輩が中で出してるのがわかった。

A先輩が奥さんの頭を撫でながら

「よかったな中でいってもらえて」

と言ってる間も奥さんは息を乱して小さく

「あーっ、あーっ」

と声を出し続けていた。

B先輩が

「ティッシュ、ティッシュ」

と俺にいってきて、どこにティッシュがあるのかわからず戸惑ってると、A先輩から

「これわたしたげて」

とボックスティッシュを手渡された。

B先輩に差し出すと3枚ほどとって、チンポを引き抜きながら垂れないように上手に奥さんのと、自分のチンポを拭いていた。

「あー、やっぱりくっつくなー」

と言って拭いた後ティッシュがやぶれて奥さんのとチンポにくっつけてた。

A先輩が

「あー、じゃあD君上がってきたしちょっと先にシャワー浴びてきてください。新人君ちょっと待っててね。」

と言って、B先輩と奥さんをシャワーに促して、C先輩とD先輩も椅子に座って待つように指示をしてた。

ビールを飲みながら寡黙な先輩達に

「なんかすごいですね」

と声をかけるとA先輩がリビングのテレビの方に行って、

「これこの前のなんだけど」

と言って、DVDを再生して、場面を何回か早送りしながら

「これほら去年Bさんが中出ししたときの、実は今年も3人で4回くらいしてるだけどまだ2人目できないんだよー」

とか、A先輩は楽しそうに再生しながら説明をしてきた。

A先輩は俺に気を使ってるのか、

「新人君うちのじゃ興奮しないかも知れないけど、使い捨てのオナホだと思って使ってやって」

と話しかけてきて、

「いや、そんなことないっすよ、奥さん可愛いし、ビックリしたけど是非抱かせてください」

と言ったら、C先輩、D先輩が無口な分、A先輩は喜んでくれてた。

その後もA先輩は

「ほら、これアナルでしてるとこ」

「あーもうこれ痙攣してるのわかる?いってるんだよ」

と場面を早送りしながら、奥さんが犯されるの本当に好きなんだなーって感じの説明をしてきてた。

しばらくして二人でキャッキャ言いながらシャワーを終えて戻ってくると、B先輩はタオルにくるまれて、その前を全裸で奥さんが尻を撫でられながら歩いてきた。

「新人君お待たせシャワー浴びてきて」

「お待たせしました」

とA先輩夫婦に言われてシャワーを浴びに行った。

脱衣場には洗濯機の上に何枚ものバスタオルが置かれ、洗濯機の中をちょっと見てみると、さっきまで奥さんが着てた服とスカートが入れられていた。

下着が気になったんだけども残念ながら入ってなかった。

あと風呂場になぜかディルドが置きっぱなしになってたのと、排水口に毛がいっぱいたまってたのを気にしながらシャワーを浴びた。

リビングに戻ると、戻る前から奥さんの声は聞こえてたんだけど、C先輩が奥さんと正常位でテレビの前のカーペットに場所を移してやっていた。

奥さんとキスをしながらやっていたので、C先輩の姿ばかりしか見えなくて、この時はバスタオルの中で萎えてしまっていた。

しばらく眺めていたらC先輩が

「あ、いく」

と小さな声でいっていた。

奥さんのお尻の下に敷かれたタオルに少しこぼしながら引き抜かれてティッシュで拭きながら、

「あ、新人君シャワーあがったんだ?それじゃ、ちょっとシャワー行ってきます」

と言ってC先輩が風呂場に行くと、

「C君の入ったままだけど、次D君ね、アナルでもいいよ」

とA先輩がD先輩に言うと、

「じゃあアナルで」

とぼそっとD先輩が口にすると、B先輩が

「お前チンポでかいんやから声もでかくしろや」

と少し声を荒げていた。

A先輩が

「ほら、アナルだって、ちゃんとローション自分で塗って」

と奥さんにローション(ちゃんとアナル用って書いてた)を手渡すと、奥さんは四つん這いになって自分でアナルに塗り込み始めてた。

初めて生でアナルセックスを見れるのとD先輩の次はようやく自分の番ということに俺も興奮してきてて、奥さんのすぐ横まで近付いてB先輩と一緒に胸を揉んでいた。

ローションまみれの指先がアナルに入ってるのがすごくいやらしかった。

D先輩もチンポにローションをぬりまくってから、B先輩が言うほど大きくない物をアナルに入れていくと、奥さんはB先輩に犯されてた時とはまた違う声を出していた。

すぐ横で硬くしながら見ていた俺にB先輩が

「見てるだけならしゃぶってもらえよ、次するんだろ」

と声をかけてきた。

後で気がついたんだけどB先輩は先にD先輩にアナルを使われたことに苛立っていたみたいで、2回目を早くやりたくて焦っていたようです。

巻いていたバスタオルを椅子にかけにいって、他人にチンポを見られる事に少し躊躇しながらも、アナルを犯されてる最中の奥さんにチンポを近付けると躊躇いもなくいきなりくわえこんできた。

舌もからめてバキュームフェラをしてくるもんだから、まだ経験の浅い俺は

「だめ、いきそう」

と言って引き抜いた。

どうしても最初はまんこに中出ししたかったので、ヤバくて抜いたんだけど、A先輩もB先輩も

「早すぎだろ」

と言って笑っていた。

おかげでB先輩の苛立ちは少しおさまったようで、続けてD先輩がほぼ無言でアナルでいくと、奥さんが

「えっ、いったの?」

と引き抜かれて、初めて終わったのに気付いてまたB先輩は爆笑していた。

C先輩がシャワーから戻ってきて

「お、新人君今からか」

と声をかけられた。

奥さんが四つん這いのまま、D先輩のをお掃除フェラしていて、いざ自分の番になって奥さんの後ろにまわると、中出しをされていたまんこからC先輩のがまだ少し垂れてきていた。

アナルも小さく開いたままになっていて、少し萎えてしまっていたものの、チンポを握りしめて出来るだけ硬くしながら奥さんのまんこに入れてみた。

味わったことのないほど熱くて、少しゆるいと思っていたけど、奥まで入れると吸い付いてくるような感覚で、初めての人妻との生セックスの気持ちよさに三回くらい腰を動かしただけで

「あっ、ごめんなさい、もう」

と声を出していってしまった。

Bさんから特に大笑いされて

「ここまで早いやつ初めてみた」

と言われてすごく恥ずかしかった。

あんまり早くて申し訳ないと思ってAさんと奥さんにあやまってると、

「いいって、いいって、何回でもだしてやって」

「謝らなくていいよ、いってくれるの私うれしい」

と逆に喜ばれた。

抜いたあとそのままお掃除フェラ中にもまたいってしまってた。

その後も順番に入れ替わりで奥さんを犯し続けていった。

途中でシャワーに行ったり順番が変わったり、アナルは緊張して入れることができなかったけど、まんこの中だけで3回も出させてもらった。

3回目とか出てる気がしなかったけど、バックからしてるときに開いたアナルから精液が出てきてるのが見えて、すごく興奮してました。

お風呂に置いてたディルドはシャワーを浴びるときに中を綺麗にするために使ってるといってました。

アナルとまんこを二人で同時にとか見てみたかったけど、結局奥さんをみんなで交替でまわすだけでした。

あと、乱交って初めてだったんだけど、精液とかもっと匂いすごいことになるのかと思った。

臭くなったのは奥さんのまんこだけでリビングには匂い残らなかったです。

Aさんが撮影してたDVDが欲しくてお願いしたけどもらうのは断られました。

「Bさんと3Pするときには声かけてあげるから」

と言ってもらえたので次回に期待しています。

後半かけあしで書いてる上に読みづらい長文すみませんでした。

1人で思い出して興奮していました。

ヤリマンとの遭遇体験談投稿募集中

当サイトではヤリマンとのエッチな体験談を募集しています。合コン・ナンパ・オフ会とかでみんなが出会ったヤリマンとのエロい体験談をどんどんお寄せ下さい!
投稿する