新入社員が職場の新年会で…

閲覧数:22 ビュー 文字数:9006 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

職場の新年会でマワされちゃいました。

ウチの職場は泊りがけで温泉に行くんですけど、まさかあんな事になるとは・・・。

ウチの職場は全員で100人くらいなんですが、泊りで参加したのはその中の半分くらいだったと思います。

小さな民宿みたいな旅館を貸切でした。

一部屋5人くらいで(もちろん、男女別)で10部屋くらいだったと思います。

泊り組と日帰り組(バスで帰る)に別れていて、新人やほぼ強制、若手もなるべく泊りで参加するように言われています。

私は去年入ったばかりで新年会に参加するのは初めてだったんですが、

「毎年みんな結構飲んで潰れる人も・・・」

と言う噂は聞いていました。

お酒はそんなに強い方では無いですが、弱くも無いので、宴会では警戒しつつもチビチビ飲んでいました。

でも、新人なんで偉いさんに注ぎに行ったら返杯されるし、私もどちらかと言うと「可愛がられキャラ」なんで、普段あんまり接点の無い人達が注ぎに来てくれたりで結構飲んじゃっていました。

最終的には結構な量を飲んで、自分でも

「ヤバいな・・・」

と思うくらいでした。

宴会は終わって、その後は適当にグループに分かれて飲むって事で、新人は最初は偉い人達と一緒に飲むのが恒例らしく、一緒に二次会していたんですが、そこでも結構飲まされて、さらにヤバくなりました。

一応、ウコンお茶とかも飲んでいたんですが、追いついていなかったみたいです。

偉いさんの所がお開きになったので、自分たちのお部屋に戻ろうとしたのですが、鍵が閉まっていて入れません。

同じ部屋の先輩に電話したら、

「他の部署の人達と飲んでいるからおいで」

と言われ、そちらに行く事になりました。

先輩に呼ばれた部屋は男の人の部屋でした。

私は二次会ではお茶も飲ませてもらえたので多少は意識はしっかりしていましたが、それでも結構フラフラだったので、

「カギだけ貰って自分の部屋で寝よう」

と思っていました。

電話した感じではその部屋は結構盛り上がっているようだったので、もしそこで飲むと結構大変かなと思ったのもあったので。

その部屋の前に行くと、ドアの外にも聞こえるくらい楽しそうな歓声が聞こえてきました。

貸切だし、偉いさんたちの部屋とは離れている構造だったので、あんまり周囲を気にしなくて良いのもあるかもしれません。

こっそり入ってカギを受け取ろうと思ったのですが、その部屋は鍵が閉まっていました。

困って先輩に電話すると、すぐに誰かがドアを開けました。

「いらっしゃい」

みたいな感じで男性が顔を出すと、有無を言わさず部屋に入れられました。

部屋の中は酔っている私でも分かるくらい異様な雰囲気でした。

一見したら、普通なんですけど、なんか違うんです。

私はその雰囲気が怖くて、鍵を貰ってすぐに失礼しようと、先輩の横に行きました。

「鍵いただけます?」

と聞くと

「まあまあ、そう言わずに、少し飲んで行きなさいよ」

と言われ、断るわけにもいかず、少しだけ飲もうと先輩の横と言うか、斜め後ろくらいにチョコっと座りました。

他の人がお酒を注いでくれて、

「じゃあ、改めて、マイ(仮名)ちゃんに乾杯」

と、乾杯しました。

しばらくは先輩の後ろで飲みながら部屋の中の様子を見ていました。

そこで気がついた事がいくつかあって、

・男性は6人くらい、女性は私を入れて4人

・女性は先輩も含めて若くて可愛い感じ

・男性は他の部署なのか、ほとんどが知らない人

・温泉なので、みんな浴衣なんですけど、その浴衣が肌けている

みんなで輪になって飲んでいたのですが、私の場所からは先輩の浴衣の隙間からおっぱいが見えていました。

他の人もそれくらい肌蹴ていたので、男性からは見えていたんじゃないでしょうか。

私は日本酒好きで先輩がそれを知っていたのか、他の人も日本酒を注いでくれました。

何杯か飲んで、また良い気分になっていたので、そろそろ帰ろうと思って、もう一度先輩に

「鍵ください」

とお願いしました。

先輩は

「もうちょっといなさい」

と言うのですが、

「私結構飲んじゃって・・・」

と言ったのですが、鍵をくれません。

そんなやり取りをしているうちにリーダーっぽい人(以下Aさん)に突然呼ばれました。

先輩には

「あの人が鍵持っているよ」

と言われ、今思えばたぶん嘘なんでしょうけど、酔っていたのもあって、疑わずにAさんの横に行きました。

Aさんの横に行くと、

「ここに座りな」

と言われてAさんは自分の膝の上を指さしました。

さすがにそれは・・・と躊躇していたら、半ば強引に腕を引かれて膝の上に座らされそうになりましたが、私が抵抗したせいで、あぐらをかいているAさんの前に座り込むようになってしまいました。

わかりにくいですが、Aさんが一人掛けのソファーで、両足が肘掛みたいになった感じです。

私はすごい恥ずかしくてすぐに立とうとしたのですが、

「おっ、この格好の方が良いね。マイちゃん積極的だね」

とか言われ押さえつけられるようになったのと、身体に力が入らなくなっていてたてませんでした。

足が開いちゃうと向かい側から見えちゃいそうなので、必死に足に力を入れて広がらないようにしたり、結構大変でした。

そういう格好になると、Aさんの股間が浴衣越しにお尻に伝わって来るので余計にドキドキしてしまいます。

Aさんはわざとなのか、恥ずかしがりもせず、その股間を押し付けたり、小刻みに動かしたりしてきます。

私はどうしていいのか分からず、立つことも出来ず、おとなしくしていました。

しばらくしたらAさんも満足して解放してくれるかなと思っていたのですが、それは甘かったようです。

Aさんは少しずつエスカレートしてきます。

私の反応を楽しむように耳に息を吹きかけたり、浴衣越しに身体を触ってきます。

「や、やめてください・・・」

と小さな声で言うのですが、Aさんには聞こえていないのか、敢えて無視なのか、気にせず悪戯を続けてきます。

私は抵抗しながらも自分の股間がジットリしてきているのを感じて、余計に恥ずかしくなっていました。

でも、あんまり抵抗したり声を出したりすると、雰囲気壊しちゃうだろうし、何よりそんな事をされているのを他の人に気づかれたくないような感じで、なぜだか激しい抵抗はしませんでした。

AさんはそれがOKサインだと思ったのか、浴衣の隙間から手を入れてきました。

「ちょっ、ちょっと・・・」

と言う間もなく、ブラがまくりあげられ、直接乳首が摘まれます。

「あっ・・・」

思わず小さく呻くような声が出てしまいました。

「感度良いんだね」

Aさんのバカにしたような声で余計に興奮してしまいました。

「えっ!?」

ふと我に返って周囲を見た私は驚いて声を出してしまいそうになりました。

先輩を始め、その人にいた女性達は私と同様に周りの男達に悪戯されていました。

しかも、先輩たちは嫌がる様子も無く、自分からキスをせがんだり、手を男性の股間に置いたりしている様子でした。

私は驚いて

「このままじゃいけない」

と何とか逃げようとしますが、もう手遅れでした。

Aさんの手は私の股間に来ていました。

下着の上から股間をスリスリとされます。

「もうこんなに濡れてるよ」

触られながらそんな事を言われると、全身に寒気のようなものが走ると同時に力が抜けてしまいます。

「いやぁ・・・」

それでも私が抵抗しようと手を自分の股間に持っていこうとしますが、その前に誰かが私の手をつかみました。

「ほら、おとなしくしていなさい」

Aさんとは別の先輩(Bさん)が私の手をつかむと、背中に回して浴衣の帯で私の両手を縛ってしまいました。

「なっ、何を!?」

あまりの展開に恐怖と驚きで声が出ません。

Aさんはそこで焦って何かをしてくるでも無く、今まで通り、じわじわと私に悪戯を続けます。

気がつくと、私の目の前で先輩が浴衣を脱がされていました。

脱がされるというよりは自分から脱いでいたような感じでしたが。

先輩は浴衣の下には何も身につけていませんでした。

「綺麗・・・」

先輩の身体は同性の私から見ても綺麗でした。

先輩は自ら動いて男性達に悪戯されやすいように動いていました。

私と同じように男の人の前に座り込むと、後ろから悪戯されつつ、前に立った男の人のものを美味しそうにおしゃぶりを始めました。

他の女の人も嫌がるフリをしたりはしつつも、なんだかんだで嬉しそうに悪戯されていました。

そんな光景を見ていると私の身体もどんどん熱くなってきてしまいます。

「どんどん濡れてるじゃん」

「いやらしい匂いがプンプンしてるよ」

とか言われて余計に興奮してしまう自分が、余計に恥ずかしくて、さらに感じてしまっていました。

部屋の中の異様な淫靡な雰囲気に完全に飲み込まれてしまっていました。

いつの間にか先輩はバックで犯されていました。

そして、口には他の人のものが入っていました。

(こ、これは・・・)

私が一人でする時に妄想するネタのような光景が目の前で繰り広げられている事に私の感情はますます高ぶってきてしまいます。

私は抵抗する事もやめて、Aさんに責められるままにあえぎ声を出してしまっていました。

良く見ると他の女の先輩達も他の男性達に犯されています。

しかも、いつの間にか男性の数が増えていて、女一人に必ず男二人がついているような感じで、さらにあぶれた男はおっぱいをいじったり、色々周りでしているようでした。

「私もあんな風に・・・」

そう思うと恐怖と同時になんとも言えない期待感のようなものもこみあげてきてしまいました。

(でも、やっぱりこんなのいけない、抵抗しなきゃ)

と思うものの、縛られている事と、酔っている事、気持ちよくて力が抜けている事が絡まりあって抵抗出来ません。

私の浴衣も帯が解かれ、手を縛っていた帯も外され、下着も脱がされると、全裸にされます。

Aさんが仰向けに寝転ぶと私はそこにまたがらされます。

BさんとAさんで誘導するように、私は騎乗位の格好で挿入されてしまいました。

「あんっ!!!」

Aさんのが入る快感で私は思わず声を出してしまいます。

さらにAさんは下で動くと、腰がガクガクとしてしまいます。

さらに、Bさんが私の顔の前に股間を突き出してきます。

私は少し躊躇するフリをした後、それをおしゃぶりしだしてしまいました。

それまでの男性経験自体はそんなに多くありませんし、ノーマルばかりでした。

一人でする時にこんな妄想をすることはありましたが、まさかそれが現実になるなんて・・・。

私はそれが妄想の世界の中であると思い込むようにして、その現実に没頭しました。

気付くと、胸も舐められたり触られたりしていますし、自由になっているはずの手にも違う男のものをつかまされていました。

もちろん、ゴムはしてくれていたようですが、Aさんは私の中で果てると、次々に選手交代します。

騎乗位になったり、バック、正常位、なんだかよくわからない体位で、次々と犯されていきます。

終わった人がゴムを外した後のモノをしゃぶらされたりもしました。

男性陣が一通り果てると、少し落ち着いてきますが、それでもまだ終わりではありませんでした。

「温泉行こうよ」

Aさんが言います。

「良いねぇ~~~」

他の人達も同意します。

私は動く元気も無く、そのまま部屋で待っていようと思いました。

しかし、もちろん、それで許される訳はありませんでした。

「マイも行くんだよ」

そう言われても起き上がる気力が湧いてきませんでした。

「しょうがないなぁ・・・。ほら」

Aさんが抱え上げるように私を起こします。

立たされると、浴衣を着せてもらえるのかと思いきや、全裸のまま部屋の外へ連れて行かれそうになります。

「あっ、あの浴衣・・・」

しかし、そのまま部屋の外へ連れて行かれます。

私だけじゃなく、他の女の人もみんな全裸です。

男の人達は一応浴衣を着ているので、誰かが来たら私たちを囲むようにして隠すのでしょうか?

大浴場自体はそんなに遠くないのですが、それでもドキドキしてしまいます。

私たちは男風呂に連れていかれました。

貸切なんで、他のお客さんに会う心配はありませんが、宿の人や違う部屋の人達に会ったらどうしようかとドキドキしてしまいます。

夜遅いせいか、温泉には他には誰もいませんでした。

部屋で犯された時は男性達はみんなゴムをしてくれていたので、普段私が妄想しているような身体や顔に掛けられたりというような事はありませんでした。

大浴場ではみんな思い思いに入浴したり身体を洗ったりします。

私もAさんから離れて身体を流すと、お風呂に入りました。

身体は犯され続けた疲れと精神的な疲れもありますが、温泉に入ると少しずつその疲れが取れてきます。

それと同時に汗をかいたせいか、酔いが少し覚めてきます。

すると、恥ずかしさが余計にこみあげてきてしまいます。

(なんで、こんな事しているんだろう・・・)

今更ながらそんな思いがこみ上げてきます。

一人で先に出ようにも全裸でここまで連れて来られたので、出るに出られずにいると、Aさんからお呼びが掛かりました。

「マイちゃん、こっちにおいで」

私は恥ずかしさはよみがえっていたものの、逆らえずにその言葉に従い、身体を手で必死に隠しながらAさんの所に行きました。

「身体洗ってあげるよ」

Aさんはそういうと、自分の手に石鹸をつけて私の身体を擦ります。

私は抵抗出来ずに、されるがままです。

Aさんはまずは無難に背中あたりから洗ってくれていましたが、すぐに脇や胸、首筋など微妙な部分に手がきます。

「ひゃっ!!!」

私が恥ずかしそうな声を出しながら身体をよじるとAさんは余計に面白がってその部分を責めてきます。

「マイちゃんって、こんな所も敏感なんだ」

そう言われる度に余計に恥ずかしくなります。

ドキドキして、身体が熱くなって、疼いてきてしまいます。

ついにAさんの手が股間に届くと、Aさんはニヤリとして

「あれ?洗っているだけなのに、なんでこんなにヌルヌルしているの?」

と言います。

その言葉に私は余計に感じてしまいます。

「だって・・・」

私の言い訳も聞かずに、私は少し足を開いて立たされると、その間をAさんの腕でゴシゴシと激しく擦られてしまいます。

「ひゃぁっ!」

立たされてみんなから見える状態で股間を擦られ、感じてしまっている事が余計に恥ずかしくて、感じてしまいます。

いつの間にかみんながこっちを見ています。

「どんどんヌルヌルしてきているよ」

そう言いながらAさんはどんどん腕の動きを激しくしていきます。

「あぁっ、ダメぇ・・・」

私はガクガクッと身体を震わせながらイッてしまいました。

そのまま倒れそうになった私は誰かに抱きかかえられ、身体の石鹸を綺麗に洗い流されると床に寝かされました。

今度は誰かが私の下半身を持ち上げ、股間が上に来るようにすると、お酒の瓶を持って来て、それを私のアソコに入れます。

「あうぅつ!!!」

ひんやりした感覚とともにお酒が流し込まれるのか、染みるような熱くなるような変な感覚がアソコを襲います。

少し痛いけど、熱いような感覚ですが、イッた余韻で身体の力が抜けているのか、足を掴まれているのか抵抗出来ません。

「わかめ酒飲みたい人~~~」

Aさんの声と共にみんなが順番に私のアソコに口をつけて吸います。

吸って貰うとお酒の染みる感じは無くなりますが、熱い感じは残っています。

私はしばらくその余韻に苦しまされながら、吸われ続けていました。

お酒が無くなると、中の具合を確かめるためなのか、Aさんが指を入れてきます。

「あれ?もうヌルヌルになってるじゃん」

そう言って、Aさんはお酒を追加します。

そして、何度かそれが繰り返されると、私はまただいぶん酔っていました。

飲んではいないのに、アソコの粘膜から吸収されたのか、ベロベロに近い状態になっていました。

「じゃあ、そろそろあがろうか」

わかめ酒に満足したのか、みんな思い思いに身体を洗い終わると、お風呂から出ます。

私はお酒のせいか、またしてもボーとしながら、みんなと同じようにします。

「こんなにはまるなんて、マイって絶対Mだよね」

先輩の声が聞こえます。

「普通にお部屋に帰るのもつまらないよね。MならMらしくしてあげないと」

先輩と他の女の先輩がキャッキャッ言いながら話すと、帯を持って私の方に近づいてきます。

「マイにお似合いの格好にしてあげるね」

そう言うと、先輩達は私を後ろ手に縛ると、首にも帯を巻いて首輪みたいにしました。

「さあ、これで帰ろう」

そう言うと、先輩は私の首輪を引っ張るようにして、Aさんの所に連れて行きます。

ここまでされても、私はなぜか抵抗する気になれませんでした。

Aさんは私の首輪を渡されると、それを引いて大浴場を出ました。

私は抵抗できず、されるがままでした。

来る時異常にドキドキで大興奮でしたが、幸いにも誰にも会わずに部屋まで連れていかれました。

部屋に戻ると、Aさん達は机の上に座布団を敷くと、私は縛りを解かれて仰向けに寝かされました。

両手は頭上で誰かが束ねて掴んでいますし、足も広げられました。

抵抗しようにも身体はガクガクで力が入りません。

Aさんはすぐに私の股間の異変を見破ります。

「なんだ、もうヌルヌルだけど、どうしたの?」

まさか「縛られたせい」とも言えず、私は顔を真っ赤にして黙っているしかありませんでした。

Aさんは私の股間をじっくり観察しているのか、何もしてきません。

私は恥ずかしくてAさんの方を見れませんでした。

それでも、自分のアソコが異常に濡れているのは分かりました。

しばらくすると、Aさんは私のアソコを舐め始めました。

最初は舌先でチロチロと、そして時折ベロンベロンと舐めます。

「きゃはぁっ、あんあっ、ダメぇ・・・」

私は声にならない声を出していましたが、それも長くは続きませんでした。

「ひゃぁっ!!!」

乳首や脇も誰かが舐めていました。

くすぐられるようなその動きに私は喘ぐよりも悲鳴に似た声をあげていました。

「鍵が欲しいんだっけ?」

Aさんはルームキー(昔ながらのルームキーみたいなのです)を私のアソコに差し込んでかき混ぜます。

「ひゃぁっ、あぁっ・・・」

散々犯された後ではそんな細いのでは満足出来る訳もなく、中途半端な快感だけが私を苦しめます。

その周りでは先輩達も男性達と交わっていました。

私もまた犯されました。

どこにそんな体力があるのか、それとも私が気付かないうちに交代していたのか、私は何人もの男達に犯され、そしてイカされました。

いつの間にか気を失ったのか、気付くともう朝でした。

Aさん達と一緒にみんなで雑魚寝していました。

さすがにみんな疲れているのか、もう私に襲ってこようとはしません。

先輩も目が覚めたようで、浴衣を着ると、一緒にお風呂に行こうと誘ってきます。

私も疲れてはいましたが、身体を流したかったので、先輩と一緒にお風呂に行きました。

もちろん、今度は女湯に。

そこで先輩に色々と教えてもらいました。

毎年新年会では一部でこういうイベントがあって、その首謀者がAさんで、Aさんが私の事を気に入っていて、今年は私を呼ぶように先輩にお願いされたそうです。

先輩は元々私がMだと見破っていたらしく(女だけの飲み会でそういう話をした事があるのかもあったのかもしれませんが)、私なら大丈夫かと思って色々細工をして、私がその部屋に来るようにしたとの事でした。

女の子の反応次第では、秘密がバレないように写真を撮って脅したりすることもあるそうですが、私の場合はその心配はなさそうなので、撮らなかったというのも聞かされました。

少し残念だったのは

「このイベントは毎年新年会だけだし、あそこまでされるのは新人だけ」だって事です。

話は一応これで終わりです。

先輩の話通り、新年会以降、何もありません。

ははは・・・。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。くれぐれも当作品の内容を真似しないようご注意願います。