高校時代の担任の自宅で…

閲覧数:80 ビュー 文字数:1175 いいね数:0 0件

高校時代の担任に用があるって呼び出されたんだ。

俺も先生に久々に会いたくて家までお邪魔したんだが、特段用があるという風でもなく、お茶入れてもらって雑談した。

話が途切れた所で、手を握ってわざとらしく先生の目を見つめると、先生は目を潤ませながら見つめ返してきたのでいけると判断。

キスしてもう一度先生を見つめる。

また、目を潤ませながら見つめ返してきたので、そのまま押し倒した。

先生も結構ノリノリで俺は胸を揉んだり股をまさぐったりしてたけど、服を脱がせようとした途端に、

「あなたは教え子だし今はダメ。」

と言い出した。

ここまでやっておきながら変な所で固い。

「嫌です。」

っていいながら先生の服を脱がせようととすると軽く抵抗しはじめた。

「今はダメ♪」

と言いながら服を戻そうとする先生を押さえつけて、キスすると何故か抵抗がやむ。

むしろ舌をなめ回してくる。

キスをやめるとまた抵抗する。

また、キスすると従順になって舌を入れてくるし抵抗がやむ。

何だか面白いw。

(理由が分かる人がいたら是非教えてもらいたい。)

キスしたままだと素直に服を脱がさせてくれるので、キスしたまま下だけ脱がす。

俺もズボンをおろす為にいったんキスを止めると、先生は股を閉じながら手で隠して言う。

「ダメだよぉ~。あと二年まって欲しいお願い」

「できません。」

俺が即答しながら先生の股を開かせた。

「いや」

と先生がいいながら手で股を隠したけど閉じようとはしなかった。

俺がまたキスすると先生は俺の背中に腕を回して舌をなめ回してきた。

俺はそのまま挿入して腰を降り始めた。

キスを止めると

「あん、ダメだって。」

と言いながら俺の胸に手を当てて軽く押し退けようとする。

俺がまたキスをすると先生は俺の舌をなめ回して、暫くすると俺の首に手を回す。

それからはキスをやめても先生は、

「あっ、ダメだって。んんっダメ。はぁ、はぁ、ダメよ。」

みたいにダメダメ言うだけで、抵抗しなくなった。

暫くすると、俺の背中に回した先生の手が強く俺を締め付けてきて、その後俺の股らへんが水に濡れたみたいになった。

最初は気が付かなかったけど先生は潮を吹いたっぽい。

俺も射精感が込み上げて

「先生、いきそう。」

って言ったら、先生は

「うん中でだして。」

と一言。

俺はラストスパートをかけてそのまま中で出した。

終わった後、先生は

「もう、こんなことはこれっきりだからね。」

と一言。

俺は愛想笑いしてごまかした。