カラオケBOXで

閲覧数:11 ビュー 文字数:1497 いいね数:0 0件

暇なので昔話をひとつ…。

学祭の準備期間中に何となく始まった、グループ交際?みたいな関係の3×3で打ち合わせ目的でカラオケBOXに行った。

打ち合わせの筈が見事に、話は反れにそれ、詳しい話の展開も覚えてない程、何となくお互いの相手と関係を持つ様になった。

1、2回そんな事があった後、繋がりが浅かったカップルから、他の学祭グループメンバーにもバレて仲間に入れろって事で、結局、男7人女5人でBOXに行った。

人数が合わないせいか…当初のマッタリした空気は無くなり、暗黙?当然?の様に有ったお互いに了解した相手と言う概念が消え、只の乱交になった。

後日、当初俺と付き合ってた子が、何故か集中的に責められてた事が解り、その子からの訴えで女の子をスカウトして人数を合わす事にした。

どうせグループ外から引張るなら皆が遣りたい子が良いって事で、一学年上の実行委員を務める先輩を女の子に

「相談が有る」

と誘って貰い7×6でBOXに行く事になった。

先輩の隣の席、事実上先輩の奪い合いの激しさに戸惑う先輩を他所に、一様の決着が着き席が決る。

案の定、人数の関係からも両サイドは男だ。

俺は相手が居るので、その戦争には参加せず席に着いた。

一時間程度たって場が緩み始めると、所々でイチャイチャし始まり。

女の子が歌ってる最中に、胸を揉んだりアソコを触ったりして、ボディタッチOKの雰囲気が出来て、その雰囲気のまま、先輩の番に成ると遠慮無く、両サイドから先輩の胸が揉まれる。

先輩が助けを求める様に周りを見回すのを、横目に見ながら自分の相手の事に集中して気付かない振りをする。

先輩の息遣いがマイクに乗り、大音量で強制的に耳に入ってくるのを聞いてメチャクチャ興奮した。

時折混ざる

「あっ!」

って声に目線をやると、両側から耳を舐められながら身体中を撫で回されてた。

誰かが安室を熱唱する中も…。

何気に抵抗する感じだった先輩も、気が付けば…バック姿勢で一人を咥えながら一人に突刺されてる。

憧れの先輩のAV宛らの姿がAVより数倍やらしくて興奮した俺は、変わって貰うと、もう中はグチャグチャで入れるだけで、やらしい音がする程だった。

ゴムが無くなったので、一回戦が終わって落ち着いた人間で、誰かが買いに行くかお開きにするか、如何するか集まって相談してると二回戦目。

ゴム無しを黙って生で入れてた奴が

「ホトンド先輩の中で出した、如何しよう…ヤバイ!如何する!」

って感じで固まってると…、

「もう、しょうが無いじゃん俺も中田氏しよ!」

みたいな事、言いながら一人が先輩に入れて秒殺中田氏で果てる。

続いて俺も先輩に挿入すると、ゴム有りの時には、解らなかった凹凸がカリに絡み着く感じに。

二回戦目にも拘らず秒殺。

余りの気持ち良さに腰砕けで、動けずに奥まで挿したまま…。

外出しに失敗する訳だ…。

爆発した後、絞り採られる感じでかなり量が出てたんじゃないかな?

そのやり取りを見ていた、他の女の子とやってた連中が逝く間際に、その女の子から貫いてワザワザ、ゴムを外して先輩に中田氏する為だけに挿入する。

結局全員、他の子とやっていても出すのは先輩の中って感じになって、先輩のアソコはジャブジャブに成っていた。

因みに、後半誰も歌わなくなり、店に怒らた挙句、全員出入り禁止になったのは言う間でも無い。