インターンの送別会で

閲覧数:32 ビュー 文字数:3687 いいね数:0 0件

インターン最終日に送別会をしてくれる事になって、最初は他の女子社員さんとかもいたし、油断してました。

二次会終わった後に、少し憧れていた社員さんに

「僕らだけで三次会しよう」

って言われて、カラオケボックスに行きました。

「僕ら」って言うのは、私は「私とその社員さん」って思い込んでたんですけど、「憧れの社員さんとその仲良い社員さん」って意味だったらしく・・・。

私と憧れの社員さん(Aさん)がカラオケボックスにつくと、既に他の社員さんもいました。

私以外はみんな男性で4人。

私は一瞬たじろいで帰ろうと思ったんですけど、Aさんに押し込まれるように部屋に入れられました。

最初は普通にカラオケをしていたのですが、私もお酒を飲んでいたせいか、インターン中はほとんど話せなかったAさんが横にいて、私に色々話しかけてくれて、なんだか浮かれていました。

Aさんは段々話しながら私の身体に触りはじめました。

別に露骨な感じじゃなくて、手を握ったり、髪を触ったり。

憧れていたのもあって、全然不快な感じじゃなくて・・・。

だんだんウットリしてくる感じでした。

そうしているうちにBさんとCさんがドリンクバーかトイレに行く為に部屋を出ました。

部屋には私とAさんと二人きりに・・・。

おもむろにAさんは私にキスをしようとしてきました。

私も気分が良かったのでそれに応じてしまいました。

Aさんはキスしながら私の身体にも触ろうとします。

左手で抱きしめて逃げられないようにされて、胸を触ろうとします。

私はふと我に帰ってその手を振り払おうとします。

Aさんは急に怖い顔になって、ソファに私を押し倒します。

私は怖くて抵抗出来ず、服の上から胸を揉まれるままです。

「二人が帰って来れば・・・」

と、時の過ぎるのを耐えている感じでした。

Aさんの手がスカートの中にも伸びてきます。

私は必死で脚に力を入れてそれを拒みます。

私の手はAさんに抑えられていて既に使えません。

Aさんは私の唇や耳を舐めたりしながらスカートの中に入れた手を弄り、下着の上から私のアソコをなぞるようにします。

「濡れてるじゃないか・・・」

みたいな事を囁きながら触ってきます。

多分、キスか汗で濡れていたのだとは思いますが、その時は本当に怖くて・・・。

そうこうしているうちにドアが開きました。

二人が帰ってきました。

(助かった・・・)

と思ったのは一瞬だけでした。

「今回の子はガード緩かったな」

と言われ、AさんとBさんの間に挟まれるようにして、私は座らされました。

両手はそれぞれ、横の人に掴まれて、足も大きく広げられるように横の男の足の上に置かされました。

今思えばなんで、そんなスムーズにそんな体勢にさせられたのかと思いますが、驚きとか怖さで抵抗できなかったように思います。

元々少しM気があったので、こういう事は想像しないでもなかったのですが、まさか自分がそんな事になるとは思いませんでしたが、もうどうしようもありません。

抵抗する事も出来ず、私は両横から触られていました。

店員にバレるのを恐れてか、服を着たまま、ブラウスのボタンを外され、その隙間に手を入れられ、ブラ越しに胸を触られたり、スカートの中にも手が入ります。

ブラはすぐに外され、直接乳首も触られてしまいました。

そこまでされると私も濡らしてしまいました。

今思い出しても濡らしていますし。

下着の上から股間を擦られて、自分でも濡れているのがわかるくらいでした。

下着の上からクリを探るようにAさんの指が私の股間を弄ります。

Bさんは乳首を摘んだり、胸を揉んだりしています。

私は二人に操られるように時折ピクピクと身体を震わせます。

そうこうしているうちに下着が脱がされてしまいました。

Aさんの指が私の中に入ります。

ニュプッと音がしそうなくらいスムーズに入ってきます。

私の中でAさんの指が蠢きます。

壁を擦るようにクイックイッと掻いてきます。

感じるポイントが刺激されるたびに私の身体も反応してしまいます。

「こんなクチュクチュ音させて恥ずかしくないんかねぇ・・・」

とか耳元でささやかれながら、私の身体は痺れたようになって、抵抗なんて出来ませんでした。

「そろそろ移動します?」

みたいな事をCさんが言って、店を出る事になりました。

私はノーパンのままで店を出る事になりました。

ブラウスのボタンも外されたままスーツを着ました。

そしてタクシーに乗りました。

タクシーに乗せられると、今度は助手席にAさん、後ろには私を真ん中に、両サイドにBさん、Cさんが座りました。

私は二人に挟まれてしまいましたが、まさかタクシーの中では変な事はしてこないだろうと楽観していました。

しかし、タクシーの中でも二人が両横から触ってきます。

今度は手は捕まれましたが、足は自由なので必死に足を閉じて抵抗しますが、コートの隙間から乳首を責められます。

両方の乳首を同時に・・・。

しかも、二人の手が左右から入っているので微妙にはだけてしまって、運転手さんから見えないかドキドキして、余計に興奮してしまいました。

時々、運転手さんと目が合うのですがそれがものすごく恥ずかしくて、余計に感じてしまいます。

しかも、二人は感じるように乳首をいじるだけじゃなくて、時々わざと痛くなるように乳首を摘んだり擦ったりするのです。

私は

「ウッ・・・」

と漏れる声を必死に抑えようとしますが、なかなか思うようになりません。

Bさんが

「大丈夫?」

と言いながら、私を心配するフリしながら私の身体を触ります。

Bさんは私の乳首に飽きたのか、スカートの中にも手を入れてきます。

最初のうちは必死に閉じていたのですが、それも長くは続きません。

Bさんの指が下着越しに私のビラビラをなぞります。

「はうぅ・・・。」

声が出そうになるほどゾクゾクした電流が私の身体を流れ、私は声は必死で抑えたものの、身体がビクッとのけぞるようになってしまいました。

アソコはヌルヌルになっているようで、自分でも分かりました。

お尻のほうまでもヌルヌルするような感じで濡れているのが分かりました。

しかも、Bさんの腕が入ってしまったので、私はもう脚を閉じる事が出来ません。

左右からの責めで私は顔を真っ赤にさせながら、必死に声を抑えるしかありませんでした。

身体はビクビクして、時折運転手さんと目が合うと恥ずかしくて仕方がありませんでした。

私は目を閉じて、寝たふりをしますが、そうすると二人の愛撫が余計に気持ちよくなってしまいます。

どうして良いのか分からないまま、タクシーが止まりました。

Aさんのアパートのようで、Aさんを先頭に二人が私を抱えるように部屋へ連れて行きます。

Cさんが後ろから私の股間に腕を差し入れ、アソコに指を突き立てます。

私はそのまま歩かされました。

歩く度にCさんの指が擦れて、クチュクチュいやらしい音が聞こえてしまいます。

そうこうしているうちにAさんの部屋に入れられてしまいました。

もう、その頃にははっきりと抵抗する気力はなく、時々反抗的な態度を取る事で意思表示をするくらいしか出来ませんでした。

Aさんの部屋に入れられるとすぐに服を脱がされました。

三人もズボンを脱いで股間をむき出しにしていました。

Aさんがソファに座り、私はその前に座らされました。

後ろからAさんのアレの温もりが伝わります。

Aさんは後ろから私の股間を弄ります。

Bさん、Cさんも私の周りに来ます。

Bさんが私の前に立ちます。

Aさんが私を少し持ち上げ、いきなり挿入してきました。

突然の事に驚いているとBさんが私の口にアレを押し当ててきます。

私が嫌々していると、Aさんが耳元で囁きます。

「しゃぶってやれよ」

そう言いながらAさんのアレが私の中でピクピク動きました。

「あぁ・・・」

思わず声を漏らしながら、再び口に押し当てられたそれを私は思わず咥えてしまいました。

咥えるとなんだか余計に気持ちよくて、でもAさんが動いてくれなくて、なぜか自分から腰を振ってしまいました。

そのまま何度かイカされて、あまり良く覚えていません・・・。