送別会で姦されて…

閲覧数:12 ビュー 文字数:5262 いいね数:0 0件

和美です。

覚えてますか?

忘年会の温泉旅行でまわされちゃった和美です。

忘年会での事件からしばらくが経ち、何も無く毎日が過ぎていくうちに、私もあの時の出来事が夢であったように思うようになりました。

それでもあの時の事は鮮明に私の記憶に残っていて、その事を思い出して一人でしちゃう事もしばしばでした。

そんなある日、A先輩が異動になる事になりました。

職場のみんなで送別会をする事になり、もちろん私も呼ばれました。

一次会は普通に終わり、二次会が終わりました。

一次会あたりで翌日仕事のある人達は帰り、女性がいなくなったので、翌日も仕事だった私も帰ろうとしました。

でも、A先輩に

「和美ちゃん、もう少し飲もうよ。しばらく会えないんだし」

と言われ、三次会に行く事にしました。

気付くと女は私だけでした。

全部で10人くらいだったでしょうか。

私は結構酔っ払っていたのですが、カラオケに行く事になり、

「ラブホの方が安いし、そのまま寝れるし」

とか

「和美ちゃんはお金払わなくて良いから」

とか言われて、半ば無理矢理みんなでラブホテルのスイートルームみたいな所に連れて行かれました。

そこは元々大人数ように設定されているのか、普通に入る事が出来ました。

最初のうちは持ち込んだお酒を飲みながら普通にカラオケをしていました。

大人数でいるせいか、わざと暖房をキツくしてあるのか、部屋の中は暑くて、男性達は少しずつ服を脱いで、いつの間にかトランクスとTシャツくらいのかなりラフな服装になっていました。

私も暑かったのですが、まさか自分から脱ぐわけにもいかず、コートを脱いだだけで、胸の開いたセーターと普通の長さのスカートと言う格好のままでいました。

でも、暑くて汗がダラダラで、お酒のせいもあるのか、なんとなくボーとしてきちゃいました。

いつの間にか、みんな私の周りに来て、密着してきました。

まるで痴漢するように少しずつ私の体を触りはじめます。

私は嫌がりながらも期待しているのか、感じているのが自分でも分かっていました。

抵抗しようとする私の両手がそれぞれ左右に引かれて握られました。

「あっ、ダメ」

私は形だけの抵抗をしますが、男達の手はビクともしません。

それを合図にしたように男達が私の体を触り始めました。

いつの間にか私の両手は大きく左右に広げられ、足も広げられていました。

セーターの上から胸が揉まれます。

広げられた足も太腿がストッキングの上からいやらしく擽るように触られます。

耳や首筋も舐められていました。

私は抵抗しなきゃと思いながらも、感じているのかお酒のせいか力が入りません。

しかもいつの間にか撮影も始まっていました。

私の目の前にカメラが突きつけられ、私は必死で冷静を装おうとします。

しかし、そんな私をあざ笑うように男達の手が私の体を反応させてしまいます。

胸も、耳も、首筋も、太腿も男達に責められ、自分でも分かるくらいに体が火照り、顔がいやらしく歪んでいきます。

腰もモジモジと動いてしまいます。

「和美ちゃんは相変わらずいやらしいね・・・。俺達にまたまわされたくて一人で来たんだろ?」

そう言われて私は首を激しく左右に振りました。

「恥ずかしがらなくて良いんだよ。こんなになってるのに」

そう言ってA先輩が私の股間に触ります。

(あぁ・・・)

下着もストッキングもあるのに、それでも自分でも分かるくらい、濡れていました。

「こんなにヌルヌルになってる・・・。下着はもうダメだね」

A先輩に耳元で囁かれると私の腰の奥が蕩けるように力が抜けてしまいます。

セーターは捲り上げられ、ブラのホックも外されて胸が露にされてしまいました。

「相変わらず良い胸だね。乳首も綺麗だ」

乳首の先が摘まれるとズンズンとする電気が流れます。

「感度も良いんだよね」

と言って爪先で弾くように弄られると、思わず声が出てしまいます。

「ほら、いやらしい顔も声もしっかり記録して、転勤先でも和美でオナニーしてやるからな」

A先輩も嬉しそうに私の乳首を弄っていました。

全身が痺れたようになり、私の抵抗も徐々に弱くなってしまいます。

ストッキングが破るように脱がされ、上半身も裸にされ、下着一枚にされました。

「このままじゃソファーが汚れるからな」

私は両腕を抱えられるようにして足を広げたまま立たされました。

「相変わらずスタイル良いよな」

「少しむっちりした感じがエロくてたまらないよ」

男達の声が無遠慮に私に浴びせられました。

その声にも私の体はいやらしく反応してしまいます。

周りの男達は全裸になっていました。

何本もの股間から聳え立つモノを見ていると体がさらに熱く火照ってしまいます。

「どれくらい濡れているかしっかり見てやるよ」

と言われ、足が抱え上げられます。

M字開脚の状態で持ち上げられたまま足が広げられ、その間をカメラが撮影します。

「いやらしいシミがついてるよ」

「シミどころか濡れすぎて透けて見えちゃうよ」

「相変わらず変態だなお前は」

男達の声までもが私を愛撫します。

「風邪引く前に脱がしてやるよ」

ついに最後の一枚が剥がされ、私も全裸にさせられました。

「ヌルヌル光ってるよいやらしいなぁ」

「俺もう我慢出来ないっす」

誰かが私の股間に顔をうずめます。

ヌチュヌチュといやらしい音と共に股間が責められます。

指で陰唇を開かれ、包皮を剥かれ、舐められます。

「あぁっぁっ・・・」

ビリビリと全身を電流が走りぬけ、私も声を出してしまいます。

もちろん、そんな私の様子をカメラが撮影しているのでしょう。

そんな事を考えるだけでも全身がいやらしい痺れに包まれてしまいます。

「とりあえず少しスッキリするか」

私は四つん這いにさせられます。

「ほれ、しゃぶれ」

ソファーに座った先輩のモノをしゃぶらされます。

(犬みたい・・・)

四つん這いで屈辱的な事をさせられていると言う思いが余計に私の気持ちを高ぶらせます。

「はうぅっ!!!」

何の予告も無く、バックから犯されました。

私は上下の口を塞がれてしまったのです。

「はぁぁっ・・・」

まさしく犯され、嬲られている、その感覚に私は感じていました。

もちろんそんな様子も撮影されていますし、他の男達はそんな様子を見ながらいやらしい言葉を私に浴びせかけます。

さらには玩具のように私の体を弄ります。

その快感に私は何度と無く軽い絶頂に追い込まれてしまいました。

アダルトビデオのようでした。

四つん這いで数人の男達に囲まれて犯されて・・・。

しかも撮影までされて、そう思うとますます興奮してきてしまいました。

「お前いやらしいなぁ・・・アソコヒクヒクしてるぞ」

などと罵られるとますます感じてしまいます。

「中出しはまずいからな」

と言いながら一人目が引き抜くと私のお尻の辺りに発射しました。

もちろんこれで終わりじゃありません。

次の人が入れてきました。

「あうぅっ・・・」

先ほどとは違う角度で中を掻き混ぜられ、他の男のモノで塞がれている口から声が漏れます。

男達は10人弱いたので、入れ替わり私を犯します。

しゃぶっていたモノからも発射されて私の口の中にほろ苦い液体が出されます。

「汚さないようにちゃんと飲めよ」

酔っていた事もあって、私は自然にそれを飲み込みました。

私は交代で犯されながら何度もイカされていました。

口では2,3人、残りは下で発射し、みんな私のお尻や背中に出しました。

出した人達はそれを私の体にマッサージするように刷り込みます。

その愛撫にも私は感じてしまいました。

「あごぅぅぉっ・・・」

口から飲みきれなかった精液が零れ出ます。

「いやらしいなぁ・・・」

男がそれを見て呟きながら零れた精液を拭い、それを胸に塗りこみます。

それが媚薬のように私の体に染みこみ、新たな快感を沸き起こさせます。

男達が一回ずつ満足すると今度はみんなで私の体をマッサージしだしました。

「いやぁっ、ダメぇ・・・」

その頃には私は気持ちよすぎて抵抗する力など残されていませんでした。

全身をマッサージされてウットリした気分で

「このまま寝かせてもらえたら・・・」

と甘い考えを抱いていました。

ブニュ・・・

突然お尻に何かが差し込まれました。

ピュッ~~~~

お尻に何か液体が注入されていきます。

絶妙のタイミングでマッサージしていた手が私の体を押さえつけ、抵抗する間もなく、お尻に液体が注入されました。

「今回はこっちでも楽しみたいから綺麗にしないとね」

「ついでにもう少し酔わせてあげる」

液体が一体何かは分かりませんが、お尻の中が少しヒリヒリするような熱い感覚がありました。

どれくらい液体が注入されたのか分かりませんが、私は両側から抱えあげられてジャグジーに連れて行かれました。

「ほら、ここでしばらく我慢しな」

そう言われて私と3人の男がジャグジーに入りました。

「漏らすところもしっかり撮影してやる」

そう言われたので私は便意を堪えるのに必死でした。

そして、湯船に入る前に体を洗われました。

男達は自分の手にボディソープを取ると、それを私の全身に塗りこみます。

私は便意と快感の両方と戦いながら必死にお尻に力を入れています。

股間も腕を通されゴシゴシと擦るように洗われました。

最後に頭からシャワーを浴びせられ流されました。

「じゃあ、入ろうか」

一人の男が先に入り、私はその男に後ろから抱きかかえられるように座らされました。

その両横に二人の男が座りました。

他の男達はシャワーを浴びたり、ジャグジーの中や外でお酒を飲んだりしてくつろいでいます。

「ここで漏らしたらウンコまみれになるからな」

不思議な事にジャグジーに入るとそれまでの便意が少し和らぎます。

後ろの男が私の胸を、両横の男達は私の脚を広げさせ、太腿あたりを触っています。

私はもう抵抗する気力もなく、便意を堪える事だけを考えて身を任せていました。

アルコールが入っているのか、また酔ったように体がポカポカしてきました。

それでも体を洗われたせいか、少し冷静になって来ました。

「なんでこんな事しているんだろう・・・」

そう思いながらも、どうする事も出来ず、ただされるがままになっていました。

それでも次第に便意がこみ上げてきます。

私の表情を見て男達がまた私を抱えあげました。

そのままジャグジーの端の方にあった洋式便器に和式便器にまたがるようにしゃがまされます。

「ほら、このままで出してごらん」

足首がぐっと掴まれてしまっています。

私はどうする事も出来ません。

どんどん便意が押し寄せて来ます。

おなかもギュルギュル音を立てて追い詰めてきます。

「んん・・・」

散々恥ずかしい事をされて恥ずかしい所を見られても排泄と言うのはそれらとは違った恥ずかしさがあります。

でも、便意はそれを上回る勢いで私に押し寄せてきます。

「はうぅっ・・・」

突然乳首が摘まれ、思わずお尻の力が抜けてしまいました。

チュル・・・ブリュリュル・・・

それは素面じゃ耐えられない恥辱でした。

しかし、そんな場面もしっかり撮影されていました。

「可愛い顔してても出るものは出るんだね・・・」

「結構匂うよ・・・」

そんな事を言われるとますます恥ずかしくて、私は顔を赤らめて俯くだけでした。

しかし、さらにまたお尻に管が入れられ液体が注入されました。

そしてまた排泄をさせられてしまいました。

続きはまた後日・・・。