北海道旅行で

閲覧数:229 ビュー 文字数:1675 いいね数:0 0件

3年ほど前に男友達3人と北海道に旅行に行った時の事。

夜にシコタマ飲んで、それぞれススキノの風俗でさっぱりしてから集合場所にしていた。

ファーストフード店に行こうと歩いている時に、場所が分からなくなったので、たまたま近くにいた20歳くらいの女の子2人組に道を尋ねたら、店まで案内してくれると言って連れて行ってくれた。

店では友達が待っていて、女の子に感謝しつつ話をしていたらそのまま一緒に飲みに行く事になった。

どうやら地元の子らしく、いい飲み屋まで教えてくれて一緒に店が閉まるまで飲んだ。

時間も12時を過ぎていたので、解散しようかと思いつつ、冗談で

「俺らの泊まってるホテルで続き飲む?」

と尋ねるとあっさりOKで近くのコンビニで酒買ってホテルで飲んでいたんです。

少しエッチな話とかしながら飲んでいたのですが、アテがなくなったので俺と1人の女の子で買出しに出かけました。

俺と一緒に買出しに出たKさんは20歳らしく、結構かわいいく細身で胸は小さそうだった。

残ったJさんは21歳で見た目普通だけど胸がすごく大きかった。

Kさんと買出しに出たのはいいが、コンビニまでの道が真っ暗でKさんは

「怖い」

と言って俺の腕にくっついた。

さっきまでエッチな会話とかしていたので、くっつかれただけで興奮していたが、とりあえず買い出しだけはとコンビニで買い物してから帰り道に腰に手を回してみた。

Kさんも俺の腰に手を回し返して来たので、これはと思い立ち止まって何も言わずにキスをした。

全く嫌がることもなくディープにキスをしたので、我慢できなくなって胸を揉んだ。

少しの間キスをしながら揉んでいたが、流石に寒いので耐え切れずに部屋に戻る事にした。

部屋のチャイムを鳴らしてもなかなか開けてくれなくて、少し待たされてからドアが開いた。

と、友達が何故か上半身裸で

「えらい事になってるから」

と案内してくれた。

中に入るとJさんが友達のモノを咥えていて、

「ほら皆も脱ぎなよ」

と完全にエロモードになっていた。

俺とKさんは少し引いてしまい、しばらくの間3人のカラミを見ていたのだが、折角なのでKさんの肩に手を回しもう一度キスをした。

今度は少しだけ抵抗したがスグに舌を絡めてきた。

そこからはあっという間で、Kさんを脱がせている間にJさん達は挿入し始めていた。

俺がKさんのアソコを愛撫する頃には、Jさんが突かれながら俺の息子を咥えに来ていて友達がKさんの胸に吸い付いていた。

Kさんはすごく感じていてどうしても誰より先にやりたかったので、愛撫も途中で挿入した。

すごく気持ちよくて楽しんでいたのだが気がつくとKさんは友達にフェラしていた。

少し悔しかったが、そこからはもう無茶苦茶でどっちの子と何回したのか分からないくらいで、皆がヘトヘトになるまでやりまくりました。

朝目が覚めると、全員が裸で爆睡しててKさんが俺の横で寝ていました。

俺がKさんの髪を撫でると、Kさんは目を覚ましたようで状況をみて少しびっくりしたようですが、

「すごかったね」

と言いながら恥ずかしそうに胸を少し隠しました。

その姿を見て思わずまたキスをしてしまいました。

キスの後Kさんは何も言わずにフェラをしてくれました。

逝きそうなくらい気持ちよくてそのままKさんを押し倒して、何度目か分からない挿入をしました。

シラフだとさらに興奮したのかスグに逝ってしまいました。

暫くしてから皆が起きだして、それぞれ俺とKさんが服を着ている事に文句を言いながら皆で朝飯を食べに行きました。

Kさん達とはその日の夕方まで一緒にいたのですが、別れ際にKさんが

「私キスはあなたにしかしてないよ」

と言ってくれて何だか少しうれしかったです。