美少女K

閲覧数:607 ビュー 文字数:1402 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

中2の頃男のツレと学校で誰が可愛いかって話しすると絶対名前がでてくる美少女Kがいた。

Kはいつも男2人と一緒にいて、その2人が非常に羨ましかったんだが…

ある日その男2人の内の一人と仲良くなる機会があって、それ以降Kと男2人のメンバーに入れたことがあった。

ある日いつもの様に4人で学校から帰ってるとKが

「今日の夜中みんなでアタシん家来て遊ぼう」

って言ってきた。

当時中学生の俺は親が寝るまで出掛けれなかった。

案の定俺一人時間に遅れてしまった…

1時間ほど遅れてKの家に行くと…

Kの部屋のベッドの上でKが目隠し&手を後ろ手に縛った状態でツレの乳首を舐め舐めしてる光景が…

(゚д゚)

こんな顔しながら

「何してんの?」

と聞くと恥ずかしそうに

「SMごっこww」

と答えるK。

ツレいわくKがやりはじめたらしい…

ヤリマンの噂はあったが普段からこんなことアフォみたいなことする子じゃなかったはず。

しかしKのテンションはさらに妙な方向に…

「みんなで野球拳やろww」

数分後には下半身にタオルまいた裸の男三人とパンツやブラを脱ぎ散らかしてバスタオル一枚になったKが…

もちろん脱衣は目の前で行われた為ポロリやチラリどころじゃなかった。

脱ぐモノがなくなっても野球拳は続いた…

今度は負けたヤツはみんなからタオルを奪われた…

もちろんKも例外じゃなく男三人からレイプされるかのようにタオルを奪われていた。

正直ヤッちゃいたい気持ちでいっぱいだった…

もう脱ぐモノどころか隠すモノまでなくなった。

しかしKの暴走は止まらなかった…

「じゃんけんして勝った人から順番にフェラしてあげるww」

がんばって一番に勝った俺がいました。

それから布団に潜りこんで他の二人に見えない様にフェラスタート。

流石に出すのはダメだったので1分間の時間制限付き。

その1分間、全神経を息子に集中させる俺…

そして至福の時間はすぐに終わり次のヤツの番。

布団から出て自分の息子を見てみるとKのお口に入ってた俺の息子はヌラヌラと光っていた。

正直この経験だけでこれからのオカズに困らないな~とか考えてた

しかしKの暴走はまだ終わりじゃなかった…

「今からここでオナってみせて?ww先にイッた人から手マンさせたげるwww」

この子に恥って感情は無いのだろうか…

しかしながら俺もその頃は思春期真っ只中。

がんばってシゴいてた俺がいました…

Kの唾液がヌルヌルしててすぐにイきそうだったんだがKがこっちをジッと見てるもんでなかなか出ない…

結局イッたのは他の二人がイッた後。

二人が手マンで散々濡らしたKの秘部を激しく愛撫……

最終的に本番はなかったもののフェラに手マン……

あげくはKがイクまでKの身体のすみずみを三人でひたすらペッティング。

Kもイクもんかと、口を押さえてあえぎ声を押し殺してたものの

胸や背中、もちろん下半身の方もすみからすみまで愛撫し続ける6本の腕に最後は完全にイッちゃう始末…

これが俺の学生時代の一番エッチな話。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。くれぐれも当作品の内容を真似しないようご注意願います。