クラブで声をかけてきた東南アジア系のヤリマンと濃厚セックス

閲覧数:763 ビュー 文字数:3089 いいね数:0 0件

「実録!ヤリマンとの遭遇体験談」では皆様から寄せられたヤリマンとのエッチなエピソードを連載形式で紹介していきます。
記念すべきヤリマン遭遇エピソード第6夜目はKENさん(42歳 男性 宮城県 自由業)からの投稿です。

男同士の夜遊びを楽しみにしているKENさんが出会い目的で夜遊びに。
その日もとある雑居ビルの5階に入っているクラブに入ってみることになりました。
2時間ほど飲んで酔いが回ってきたら、彼女から誘われて、ホテルに行くことになりました。
その子とは1度ではなく、5~6回もして楽しんでしまったという夜遊びの体験談です。
クラブで声をかけてきた東南アジア系のヤリマンと濃厚セックス

男同士の夜遊びの楽しみとメリットと言えば、彼女や奥さんにバレずにヤリマンに出会えることです。

昔から定説ではありますが、お酒好きな女が集まる繁華街はそういう子に出会える可能性は高いです。

具体的には、ちょっとマイナー感のあるキャバクラ・バー・クラブなどに行くと、そういう系統の女に出会える確率が高くなります。

そして、経験上から、国籍は日本だけでなくアジア系の外国人まで枠を広めるとその確率がアップしますよ。

しかしながら、繁華街にある行ったこともない飲み屋さんは、店の扉を叩くのは結構勇気がいるものです。

そんな自分も性格はシャイな方ではありますが、勇気を持ってとある雑居ビルの5階に入っているクラブに入ってみました。

そしたら、思ったよりも人がいるではありませんか。

あたりを見回すと、いかにもエロそうな女が普通にいました。

雑居ビルの5階にあるクラブに入ってみると

これは、男の野性の勘として立ちんぼ的な要素がありそうな店だなと読みました。

その時に近くいた、やや浅黒い皮膚の色をしたアジア系外国人がいたので話しかけてみました。

話をしてみるとノリが良くて楽しかったので、再び曜日をずらしてその店に訪れることにしました。

その次に訪れたのは約1週間後でしたが、お目当ての子がいたのですかさず声をかけました。

その時は。別な店で少し飲んでいたせいもあり、酔いも少し入っていました。

2時間ほど飲んで酔いが回ってきた頃に、声をかけられ

そして、ついにその瞬間が訪れたのです。

2時間ほど飲んで酔いが回ってきた頃に、その子から「外で遊ばない?」と声をかけられたので、早速承諾しました。

予想どおり、行先は予想通りラブホ街がある方向だったのです。

その方面に近づくにつれ、ブツが固くなっていくのがはっきりと感じ取れました。

その後は、流れに乗ってホテルに入りました。

早速、お互いに裸になりイチャイチャしました。

お互いに局所を愛撫し合いましたが、その中でも気持ちが良かったのは、口フェラでした。

いかにもいやらしい声を立てながら、ブツを舐めてくるのです。

その時の濃厚感は日本人女性にはあまり見かけく、正にエロいと言われる東南アジア系そのものでした。

その人は台湾人ではありましたが、その口技は今までに体験したことがないほど、上手かったです。

その後、約1時間後に絶頂が訪れフィニッシュしました。

その相手とは一度限りでなく、合計で5~6回してしまいました

しかも、その相手とは一度限りでなく、合計で5~6回セックスをしましたが、その店の中でも、仕草や口元の動かし方などがとてもエロかったです。

その中でも最も印象的だったプレーは『ナースごっこ』でした。

その時は、衣装以外にも名札などの小道具も用意して、プレーをしましたが、その姿がセクシーだったのは言うまでもありません。

また、プレー中の愛液の漏れ方がパンパでなく、明らかに肉眼でも分かるほどで、ナース服や小道具も侵されてしまい、それが濡れてしまう程でした。

相手がナース服を着ながら、フェラをしてくるシチュエーションは、外国人であったせいもあるためか、非現実感タップリでした。

ちなみに、愛液の匂いも嗅いでみましたが、南国の女らしくチーズとヨーグルトが混じったような酸っぱい香りがし、フェロモンが漂っていました。

ちなみに、小道具もあそこへ持って行かれましたが、その時の匂いを嗅いだ時は、今までにもない興奮感がしました。

かなり長い間、お互いにブツを触りながらイチャイチャしていました。

その時に発射した瞬間は、何とも言えない快楽感で、普段より多くのザーメンが出たのが記憶として残っています。

また、ブツをアソコに挿入している時は、ローションのように滑らかな滑り心地がしました。

日本人女性とセックスする時にありがちな、滑りが悪く途中でもたつくような違和感もなかっです。

サービス満点で、時間が長くなっても追加は取られませんでした

しかも、サービス満点で多少時間が長くなっても追加のお金は取られませんでした。

なので、本当にエッチが好きでヤリマンな女だなと感じた瞬間でもありました。

ちなみに、プレー代はホテル代込みでも17,000円と比較的リーズナブルで、事前にそのお店で飲んだ時はそれから2,000円割引され、15,000円で快楽を楽しむことができました。

欲を言えば、OLさんの制服プレーも体験したかったですね。

もし、そんな人が職場にいたら仕事どころではありませんね。

ですので、下手にソープランドで高い金を出して後で後悔するよりも、顔が確認できるヤリマンを見つける方法はとても効果的だなと思います。

相手がヤリマンか見分けるコツは、『お酒が好きか』一点だけです。

ただそれ一つだけでは、確信は持てません。

決定的な違いは、歌舞伎町などのような歓楽街に出没するかしないかです。

私の地元は東北地方にある最大の都市ですが、飲むエリアは数か所あり、駅周辺・横丁系・繁華街に分かれます。

繁華街には、2~3か月に1回しか行きませんが、明らかさまに見た目がエロそうな女子が多いのです。

ヤリマンを探すコツは足しげく繁華街に通い、その筋の女の子がいる店を見つけたり、繁華街でナンパしてみるなど、あの手この手を尽くすと成功率がグッとアップしますよ。

Kenさん、投稿ありがとうございます!
繁華街での飲みナンパいいっすねー♪
男の楽しみの一つってとこでしょうか^^

今回Kenさんがナンパ(というか逆ナン待ち)したヤリマン女性はいわゆる売春目的の女性。
アジア系外国人だったようですね。

最近この手の女性は増えてますよねー
自分はお金をかけずにヤリマンと楽しみたいんで、手は出さないんですが手っ取り早くヤりたい人には便利な存在。
ネットで少し情報を調べれば何処にこの手の女性がいるのかはすぐにわかるので、体験してみたい人は検索検索!
まぁ危険もあるのでオススメはしないけど…

でも、お酒とヤリマンがセットっていうのは間違い無し!
ヤリマンと出会いたいのであればフットワークを軽く、財布のヒモはゆるくいこう!