高飛車な女の先輩

閲覧数:64 ビュー 文字数:2014 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

サークルの美人先輩が卒業する直前に4人でまわした。

高飛車な言動から美人だけどかなり嫌われていて、取り巻きの男数人以外からはほとんど無視されてる(というか、先輩の方が無視してる)感じの人だった。

先輩がマンションのカギを部室に放置していった時があって、その時に合鍵を作った。

バイブや電マやピンクローターを人数分持ち、夕方に忍び込んで待機。

夜、帰ってきた先輩を着衣のままガムテープで拘束。

ピアノを入れるぐらいの防音のあるマンションなんで、ちょっと叫んでも通報されないのが助かった。

最初はおびえてたけど、相手が俺たちだと気付くと強気になって

「こんなことしてただじゃ済まないよ」

「今なら許してあげるから」

とか相変わらずの高飛車の発言を連発。

「僕らは先輩を喜ばせてあげようと思って来てるんです」

と言ったら

「ふざけんな」

って罵倒された。

それで、

「これから服の上からいじりますけど、30分間、アエギ声をあげなかったら素直に帰ります」

って言ってからローターや電マでいじり倒した。

最初は俺たちを睨み付けてたけど、だんだん息遣いが荒くなって、目をつむったりする。

「感じてるんですか?」

「気持ちいいんですか?」

って聞いても

「感じてない」

「気持ちよくない」

と必死で否定する。

だけど電マってすごいね。

股間にあてたら一瞬、完全にアヘ顔になっちゃう。

アヘ顔になっても声は必死で抑える先輩がすげえエロかった。

結局、25分で陥落。

ま、30分持ちこたえても約束は守らなかっただろうけどね。

完全にアエギ声出してるのに一生懸命俺たちを睨み付けながら

「感じてない。感じてる声じゃない」

と強弁する先輩テラエロスwww

その後もジワジワと一枚ずつ脱がしていって、ブラジャーを切ってビンビンの乳首が出てきた時は

「おーっ」

ってどよめきが起きた。

「先輩、乳首勃ってますよ~」

とからかうと、悔しそうに睨んでくるのもまたエロい。

パンティーもはがしてバイブを挿入すると反応がまた一段と深くなっていく。

そのまま股間と乳首に電マ、耳にローターをあてたらビクンビクンビクンビクンが止まらない。

「先輩いきそうなんでしょ~」

ってからかったら

「イかない。絶対イかない」

とまたツボを突く言葉。

思わず

「先輩最高だ」

って言葉があがるほどだった。

俺は

「イかない、ってことはイきそうなんでしょ?イきそうってことは気持ちいいんでしょ?」

とか言ったけど、この段階では気持ちよすぎて耳に入ってなかったみたい。

で、一瞬先輩の体が硬直したあとグッタリした。

先輩に

「イったんですか?」

って聞いても

「イってない」

と強弁。

「せっかく気持ちよくしてあげてるのに先輩は僕たちの誠意に答えてくれない。だから、イきました、って自分で認めるまで責め続けるよ」

って言ったら、ものすごい目で睨み付けてきた。

ま、そりゃそうだなww

で、バイブ挿入、股間電マ、乳首電マ、耳ローターというので責めまくったら、今度は10分で先輩が

「イきました」

と自供ww。

肩で息してる先輩に

「これを続けるのと、俺たちに挿入されるのとどっちがいい?」

って聞いたら、泣き顔で

「どっちもやだ」

とぬかしやがったので電マ責め続行。

「わかった。もうわかったから」

と叫ぶので、

「何がわかったの?」

と鬼畜質問。

「……いれてください」

と小声で言う先輩に

「何を?」

「どこに?」

「誰の?」

と質問を繰り返して

「私のオ○ンコにみんなのチン○ンを入れてください」

って言わせてやった。

AVぐらいでしか聞かないけど、追い込めばホントに言うもんなんだな、と実感。

で、ガムテープで拘束したまま次々と挿入(コンドーム付だけど)。

結局挿入してる間もみんなで電マやローターでいじり倒したから先輩、イきまくり。

俺たちも一週目はすぐに出しちゃった。

三週目以降は拘束を解いたけど、先輩はもう動けなくなっていてなすがまま。

自分から舌を出してフェラしたり、

「気持ちいい」

って絶叫したり、

「イク」

っていいながらイったりしてた。

翌朝まで居座って朝ご飯(忍び込んだ時点で持ち込んでた)を食べた後、家を出させてもらいました。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。くれぐれも当作品の内容を真似しないようご注意願います。