先輩ヤンキーに逆レイプ(上)

閲覧数:751 ビュー 文字数:9947 いいね数:0 0件

前回の撮影会後約1ヶ月ほどBを放置していた。

理由はバイトが忙しく休みがほとんど無かったから。

前回と同様Bに電話で呼び出しをした。

俺「もっしもーし俺だけど覚えてる?」

B「覚えてるよ。何?また呼び出し?」

俺「そうそう。今週の土曜日朝10時くらいなんだけど、また道の駅で待ち合わせね。」

B「えっ?土曜日は先輩と買い物行く予定なんだけど・・・」

俺「んなもんキャンセルしろよ」

B「だって先輩の予定キャンセルしたらボコられるんだもん」

俺「俺の誘い断ったほうが怖いと思わない?」

B「うん・・・そうかもしれないけど・・・」

俺「じゃあ待ってるから必ず来いよ」

そして電話を切った。

そして土曜日、待ち合わせ場所の道の駅に向かった。

道の駅では前回と同様の場所にBがたたずんでいた。

俺はバイクを駐車場に止め、Bに歩み寄っていったがなにやらBの様子がおかしかった。

しかし、そんなことには気にも留めず話しかけた。

俺「まった?それじゃ行こうか。」

B「ちょっと待って。先輩に断ったんだけど怒られて着いてきちゃったんだ・・・」

俺「えっ???まじ?!」

B「うん。そこの車にいる・・・」

俺「その先輩って何しに来たの?っていうか男?女?」

B「分からないけど、来たら連れて来いって。女なんだけどちょっと・・・」

俺「なに?ちょっとって?まぁ良いや行ってやるよ。」

俺はたかが女1人と思い甘く見ていたこともあり素直に車の方へ行った。

少し離れた場所に軽自動車が止まっていたが、車には誰も乗っていない。

Bに聞いたらずいぶん前に二人とも着ていたらしく、待ちくたびれて後部座席で横になっているらしい。

しかし、後部座席にはスモークが貼ってあり中に人がいても全然分からない。

たかが女と侮っていた俺はツカツカと車の後部座席ドアへ歩み寄りノックもせずにあけた。

そこには思いもよらない物体が存在していた。

まるでアザラシにスカートを履かせ、子アザラシがスカートから2匹顔を覗かせているかのようだった。

しかも、その物体は俺があけたドアの方に足を向けて寝そべっており、子アザラシの間からは薄ピンク色のレースパンツが見えている。

一瞬状況が理解できない俺は固まってしまった。

次の瞬間アザラシが叫んだ

「ブモォォォー」

と一瞬聞こえたがよく聞くと

先「なんだてめぇは!!覗いてんじゃねェ!」

俺「えっ?・・・いや・・・・その・・覗いてるわけじゃ・・・」

B「先輩すいません!この人がさっき話してた人です」

先「あぁ?てめぇがそうか。勝手にあけてパンツ見ただろ?」

そういうとアザラシは蹴りを放った。蹴りは俺のみぞおちにヒットした・・・

俺がうずくまっているとアザラシが車から降りてきた。

苦しみながらアザラシを見上げるとパンツよりも驚きの顔がそこにはあった。

似ているというレベルをはるかに超えたノーメークのアジャコングだった。

先「何見てんだ?何とか言えコラ!」

俺「あ・・・いや・・・えっと・・・ごめんなさい」

当時177cmあった俺とほぼ同じくらいの身長のアジャ、

さらに俺の倍はあるのではなかろうかと言う体格でビビっていた。

俺は、俺がBを脅して性奴隷にしていることが全てBから伝わっていると思った。

たかが女と侮っていたが先ほどの蹴りは今までおとなしく生活してきてクラスメイトとちょっとした喧嘩しかしたことのない俺にとっては人生ではじめての重量級の蹴りで今までの誰よりも強烈だった

俺「えっと・・・Bちゃんとはこの前知り合って、それで・・・」

先「あぁ?何ワケのわかんないこと言ってるんだよ?」

B「すいません先輩。この人シロートなんで許してください。」

先「あぁ。もう良いよ、それよりお前忍って言うんだろ?」

俺「えぇ。そうです。」

先「今日はBと買い物行く約束してたんだよ。お前も付き合え。」

俺「いや、俺は帰りますから。」

先「良いから付き合えって言ってんだよ!」

俺「はい。」

すっかりビビってしまった俺はおとなしくついていくことにした。

アジャと少しでも一緒に居たくなかったのでバイクで行こうとしたが、アジャは許してくれなかった。

免許を持っているアジャが運転し、なぜか俺が助手席に座りBが後部座席へ座った。

しばらく、Bとアジャとで何とかってチームの奴が生意気だとか海に行ったら何をするかなど、話をしていたが俺に話しかけてきた。

先「そういや名前言ってなかったな、私は香(かおり)。そんでお前いくつだよ?」

俺「今高2です。」

先「なんだ2つしか変わらないんだ。それにしてもB結構カッコいいじゃんどこで見つけたんだよ?」

B「先月の集会のときに定峰峠のところでです。」

先「あぁ。私がいけなかったときの集会か。」

B「そうです。」

先「いいなぁ。私も彼氏欲しいよ。なぁ忍だれか紹介してくれよ。」

俺「あ・・・はい・・・。それより今日は何を買いに行くんですか?」

なるべくかかわらないようにするために多少強引に話題を変えた。

先「あぁ。今度Bと海に行くから水着を買いにね。」

俺「じゃあ俺は居ない方がいいんじゃ・・・」

先「ダメだね。忍にも選んでもらうから。」

B「それなら忍君に私達の水着選んでもらいましょうか?」

先「あぁ。それいいな、忍任せたぞ」

アジャの水着を選ぶということはアジャの水着姿を見なければならないということ、勘弁して欲しかったがそれも不可能そうなので決心した。今回限りなのでアジャをおだてて気分よく帰ってもらおう。

俺「香さんおっぱい大きいから海で注目浴びるようなヤツにしましょうよ」

先「私は競泳水着みたいなヤツにしようと思ったんだけどな。」

俺「そんなのもったいないですって」

B「先輩、水着選ぶの忍君に任せるんでしょ?」

先「あぁ。そうだけどあんまり変なのにするなよ?」

俺「大丈夫ですって。任せてくださいよ。」

しばらく走ると田舎っぽいデパートとスーパーの中間のような店に着いた。店の中には水着の特設コーナーが設置されており3人で向かった。

そしてまずはBの水着を選ぶことになり、Bのサイズを確認。

Bは今まで学校のスクール水着以外は持っていなかったので女の子らしい可愛い水着が良いとリクエストしてきた。

さすがに田舎デパートということもありあまり奇抜な物は無かったが、その中でも面白そうな水着にしようと思い真っ白な水着を選んだ。

俺「これなんか可愛くて良いんじゃないの?」

B「真っ白でぴったりフィットする感じでかわいいぃ」

先「ちょっと試着してみろよ。」

B「はい。じゃあちょっと行って来ます。」

数分後着替え終わったBがカーテンを開けた。

俺の思った通り体にぴったりフィットしていて、胸も▼の部分も真っ白。

水につかったらスケスケになること間違いなしだった。

俺は次にBを呼び出したときにコレを着せてやろうと思っていた。

Bの水着が決まりアジャの水着を選ぶことになった。

しかし、アジャの体格にあう水着はなかなか無かった。

俺はサイズを聞くのが怖かったがアジャのほうからサイズを告げてきた。

詳しいサイズは忘れたがそのときの印象は『ドラえもん』だった。

アジャが水着を見ていた場所ではどう考えても入る物はない。

そう思った俺は店員にアジャサイズの水着の場所を聞き、アジャとBを誘導した。

アジャサイズの水着はほとんどがおばさん水着でデザインも何も無く見る見るうちにアジャの機嫌が悪くなってきた。

先「ったくこの店品揃え悪すぎ!」

B「ホントですよね。」

俺「じゃあおれ探してくるから」

先「それなら私ら浮き輪見てるからお願いね」

そういうとアジャとBは浮き輪売り場へ。

男1人で女性用水着売り場は正直きつい物があったがこれ以上アジャが機嫌悪くなるとまずいと思い1人で探し出した。

よく探してみるとアジャサイズでも若い人向けは少しある。俺はその中でも3点選び出した。

1つ目はワンピースのパレオ付き、2つ目は上がTシャツっぽく下がホットパンツっぽいの3つ目にうけ狙いでマイクロビキニ。その3つを更衣室に置き、アジャとBを呼んで来た。

俺「この3つなんですけどどうですか?」

先「まぁ良いんじゃない?・・・おい、このふざけた水着なんだよ!」

B「ちょ、ちょっと待ってください先輩。なかなか可愛いじゃないですか。」

俺「え?!あ・・・えっとそうそう、香さんグラマーだから似合うかと思って」

先「あぁ?んなわけねぇだろシメンゾコラァ!」

B「いや、ホント似合うかもしれませんよ?試着してみたら良いじゃないですか。」

先「そっか?なら試着しておかしかったらてめぇもシメっからな!」

そういって更衣室に入っていった。

アジャが更衣室に入って着替え始めたのを確認した後、Bとこっそり話した。

俺「お前何言ってんだよ。あの水着はシャレで選んだんだぞ。」

B「えぇ?!マジで?どうしよ、私知らなかったから褒めちゃったし・・・」

俺「どうすんだよ変だったらシメるとか言ってるぞ。」

B「香先輩めちゃくちゃ強くて男でも勝てない人居る位なんだよ・・・どうしよ」

俺「しょうがないから出てきたら褒めて似合うって事にするぞ」

B「うん。でも先輩気に入るかな・・・」

俺「俺に任せて置けよ。そういうの得意だから。」

そうこうしているうちにアジャが着替え終わった。

俺はカーテンをあけ、改めてアジャの戦闘力を思い知った。

カーテンの向こうに立っていたアジャは毛の処理を行っておらず、

マイクロビキニからはみ出した陰毛がスーパーサイヤ人のように逆立っていた。

俺「いやー、セクシーですね。かなりいけてるじゃないですか」

B「ほんと、最高っすよ。」

先「え?ほんと?でもこれ小さすぎんじゃない?」

俺「そんなことないですよ、綺麗な肌なんだから少しは見せないと」

B「わたしも先輩くらい胸あったらそういうの着たいんだけどなぁ」

先「そうか?そんなに言うならコレにしようかな。忍に任せるって言ったし」

俺「そうしましょうよ。それに俺こんなの見たら立っちゃいそうですよ」

先「本当かよぉ~」

そういうとアジャは俺の股間に手を伸ばしわしづかみにしてきた。

先「なんだよ、本当に硬くなってんじゃん。エロいな」

俺「だから言ったでしょう。」

俺のジョンはピクリとも反応していなかったがなぜかアジャは勘違いをし、ビッグジョンになっていると思い込んでいた。

先「よし!じゃあコレにするわ。着替えてくるな。」

再び服に着替えるために更衣室に入っていったアジャ。

アジャを二人でお世辞良いまくりでおだてたとは言ってもまさかアジャがマイクロビキニを選ぶとは思っても居なかったことで笑いをこらえるのに必死になった。

着替えを終えたアジャとBは俺の選んだ水着をもちレジへといった。

その後浮き輪や日焼け止めクリームなどを見た後、フードコートで食事をし、デパート内をぶらぶらとウィンドウショッピングをした。

しばらくしてあたりが暗くなってきたので買い物を終えて帰ることに。

道の駅までの車の中では3人とも疲れてぐったりとしていた。

道の駅に着くとそのまま帰ると思っていたアジャは車から降り、自販機前のベンチに座りこんだ。

俺「もう帰った方が良いんじゃないんですか?疲れてるみたいだし。」

B「わたしもそろそろ帰ろうかな。」

先「ちょっとジュース飲んでから帰ろう。おごってやるよ。」

アジャの言うとおり3人で座り込み少し話をした。

B「早く今日買った水着期待ですね。先輩」

先「あぁ。そうだな。それより忍も今度一緒に海いかないか?」

俺「いや、俺はいいですよ。二人で楽しんでくださいよ。」

先「私らお前が選んだ水着買ったんだからな。責任取れよ。」

俺「え?だって香さんが選べって・・・」

先「良いから来いって言ってんだよ!分かったか!」

俺「はい・・・分かりました・・・それでいつ行くんですか?」

先「来週の土曜だよ。車で行くから私んち集合な、Bと待ち合わせて来いよ。」

B「じゃあ土曜日の8時にここで待ち合わせね。先輩んち9時集合だから」

こうしてアジャ仕切りの元、海水浴計画が決められてしまった。

アジャと遭遇してから1週間後、恐れていた日がやってきた。

秩父に8時に待ち合わせなので朝6時くらいに出ないと間に合わない。

夜型の俺にとっては朝起きするだけでも憂鬱だった。

さらに当時水泳部に所属しており、そこそこの成績を収めていたため部活の規則で海にいってはいけない事になっていたので海用の海パンをもっていなかったので競泳水着で若干ギャランドゥ気味だった。

※海は塩の濃度が高いため海で泳ぐとプールでの感覚がずれる。

などと色々考えていたら出発の時間になりほとんど周辺住民が起きていないうちに家を出発した。

待ち合わせ時間のぎりぎり10分前に道の駅に到着した。

道の駅ではBがいつもの場所に座っていた。

俺「おまたせ。なんかお前と遊びに行くってなんか変な感じだな。」

B「うん。そうだね、別に友達でも付き合ってるわけでもないのに。」

俺「でも香さんには彼氏ってことにしてるんだろ?」

B「うん。そうしないと先輩にもボコられるし忍くんにも写真見せられるし・・・」

俺「しょうがないから香さんの前だけは彼氏・彼女でいいや。」

B「それじゃそろそろ行こうか?」

俺「そうだな。後ろ乗っていく?」

B「先輩んち分かりにくい場所だから私が先導するよ。」

俺「OK。じゃあ着いていくから先行って」

こうして俺とBはアジャの住家へむかった。

アジャの家はBの言うとおり非常に分かりづらい場所にあった。

秩父高原牧場へ行く途中のいかにも農業やっていますという家作り。

ヤンキーにはお決まりの母屋と少し離れた場所にプレハブが建っており、そのプレハブ小屋が住家だった。

Bは何度もアジャの家に来ていたらしくアジャ専用の駐車場にバイクを止め、俺のバイクも誘導した。

しかし、到着した時間が朝ということもあり30分ほど早めに着いてしまった。

しかし、Bはアジャが朝弱いということを知っていたためプレハブに近づきドアをノックしてアジャを起こそうとした。

俺も一緒になってノックをしたが一向にアジャから応答が無いため、ドアノブをガチャガチャとまわしたら鍵がかかってなかったので一気にあけてしまった。

そこには先週見た衝撃をさらに上回る衝撃が待っていた。

アジャがベッドで上にミニーのタンクトップ下にTバックの下着姿で横たわっていた。

B「やばっ!忍君ちょっと外で待ってて!!早く!!!」

俺「えっ?あ・・あぁ?」

アジャが朝弱かったおかげで気付かれずに済んだが非常にやばい状況だった。

かなりの汗が吹き出たが、その大半はアジャのセクシーポーズを見てしまったからである。

数分後プレハブの中から入室のお許しの声が聞こえた。

中に入ると前回よりさらに短くなったミニスカートをはいたアジャがいた。

先「おう。おはよう。」

俺「あ、どうも。」

先「そこにあるの今日持ってくヤツだから車に積んどいてね」

そこに置いてあったのは保冷ボックスに入ったビール、肉、野菜、花火、やたら大きい布の塊?

とにかく荷物を積み込んで海へ向かった。

向かった海はアジャが以前家族で行ったことのある水戸の大洗海岸。

メジャーリーガー井川の出身地で有名な場所だった。

海に着いた俺たちは海岸線の駐車場に車を止めた。

俺「やっとつきましたね。お疲れ様です。」

先「あぁ~疲れた。もうお昼すぎちゃったね。早速泳ぎに行こう。」

B「じゃあ更衣室行きましょうよ」

先「更衣室って料金かかるからここで着替えちゃおう。B、忍バスタオルでちょっと隠してくれる?」

俺「え?マジでここで着替えるんですか?」

先「そうだよ。さっさとしろよ。」

アジャの言うがまま俺とBはアジャの周りをバスタオルで隠した。

当然アジャの体格では隠し切ることなど出来るはずも無く隙間がかなり開いていた。

アジャの中身は普通の女の子らしくかなり恥ずかしがっていたが何とか着替えを終えた。

着替え終わってアジャの姿を見ると改めてマイクロビキニを選んだことを後悔した。

アジャは無駄毛の処理を行っておらず、▼にはスーパーサイヤ人がいた。

先「この水着ってかなり小さいから毛を隠せないんだよね。でもリゾートにきてるんだからコレくらい大胆になっても良いよね。」

B「そうですよね。かなりいけてるから大丈夫ですよ。」

俺「そ・・・そうだよね。注目浴びちゃいますよね。(別の意味で・・・)」

Bと俺はアイコンタクトでアジャに陰毛は処理をしてから着るものだという突っ込みを控えた。

そしてアジャに続いてBの着替え、Bは普通に着替えた。真っ白な水着に。

最後に俺の着替えの番。俺にも一応バスタオルの囲いはしてくれたが、ひとつ違っていたのはアジャが目を伏せている振りをして確実に俺のジョンを見ていた。

俺は怖くなりアジャに尻をむけ着替えを終えた。

先「よし、それじゃそろそろ行くか。」

俺「そしたら俺はワニ膨らましてから行くんで2人で先に行っててください。」

B「わかった。先輩いきましょう!」

2人は駆け足で砂浜へむかった。

空気入れでワニを膨らまし、砂浜へ向かい2人を探したが一目でどこにいるか分かった。

ビニールシートを敷きBがアジャに日焼け止めクリームを塗っていたが明らかにその周りに《アジャコングがマイクロビキニを着て寝ている?!》的な目でみる人がいた。

そこそこ込んでいた砂浜でアジャの周りだけスペースが開いているのが目に入った。

俺がためらいながらもアジャ達の元へ行くとアジャとBが交代して日焼け止めを塗り始めた。

B「私が塗り終わったら焼きそば買って来るんで先輩忍君に塗ってあげてくださいね。」

俺「え?いや、いいって。」

先「遠慮なんかしないでも良いから。」

数分後クリームの塗り終わったBと入れ替わりにアジャが俺に塗り始めた。

先「お前ってよわっちい割りに筋肉結構あるんだな。」

俺「はぁ。一応水泳やってるんで・・・」

先「ふぅん。そっか。よし、後ろ塗り終わったから前向けよ。」

俺「いや、前は自分で出来ますから!」

先「いいから上向けって言ってんだろ!」

俺「はい・・・」

俺は若干ごねながらも素直に上向きに寝て顔にタオルをかけられた。

最初は胸、次に腕・腹・足、コレで終わりか?と思いタオルを取ろうとするとアジャがそれを阻止した。

先「まだ塗ってないところあるだろ?おとなしくしてろ!」

俺「え?全部塗り終わってると・・・」

先「いいからおとなしくしてろ!」

先ほど足の付け根に塗っているときから若干アジャの手つきが微妙になってきていたことに気付いた俺はなんとかエッチな雰囲気を取り払おうとしたが無駄だった。

アジャはクリームを内ももに塗る振りをして玉のあたりをソフトタッチしてきた。

俺「ちょ、ちょっと・・・」

先「なんだ?変な気分になってきたんだろ?スケベだなお前は」

なにやら勘違いしているアジャはさらに暴走しあからさまにジョンを触ってきた。

俺「すいません!みんなに見られちゃいますって!」

先「大丈夫だよほとんど海に入ってるかご飯食べてるから見てないって」

どんどんおかしな方向へ向かっているアジャをとめることは出来なかった。俺はこんな人がいるところでこれ以上エスカレートすることはないと思い少し我慢することにした。

競泳用水着は元々布地を限界まで小さくし、水の抵抗をなくすように作られている。

そのためアジャのマッサージが直に伝わってきてしまうのでジョンはムクムクと大きくなり顔を少し出してしまった。

先「何だよ、大きくなってきてんじゃんか。」

俺「だって、触られてたら大きくなりますって・・・」

先「ったく、しょうがねぇなぁ」

アジャは俺の下半身にバスタオルをかけ俺の水着をずらして触り始めた。

俺「ちょ、やばいですって!」

先「大丈夫だよ、なれてるから出してやるよ」

俺「いや、そういうことじゃなくて・・・」

先「大丈夫だって言ってんだろ!おとなしくしてないと握りつぶすぞ!」

俺のジョンは人質にとられてしまった。

チョッパーは自らなれていると言うだけあってテクニックは流石だった。

しばらく手コキをされているとアジャの手がジョンから下のほうへ移っていった。

次の瞬間アジャの指が俺のアナルへと侵入してきた。

俺「はぅっ。ちょ汚いですよ!」

先「大丈夫だから任せとけよ。」

アナルに指を入れられたのは初めてだったためそれ以上言葉が出なくなっていた。

それを見てアジャは俺が限界に近いことを野生の勘で察知したらしく片手でアナルをピストンし、もう一方でジョンを激しくこすり始めた。

俺「やばいっ!でちゃいます!!!」

その言葉を聞くとアジャはバスタオルの中へ頭を突っ込みジョンをくわえフェラをしてきた。

アジャのフェラは顔からは想像できないほどやさしく包み込むようにくわえる。

俺は我慢できずアジャの口に爆発した。

アジャはその後やさしくジョンの中に残っている精子を吸出し水着を着せてくれた。

俺「香さん、ごめんなさい口に出しちゃって!」

先「ゴクン。いいんだよ、そのまま出したらバスタオル汚れちゃうだろ?」

俺「まさか飲んだんですか?」

先「普通飲むんじゃないの?今までずっと飲んできたからさ。」

俺「え?吐き出しても良いと思うんですけど・・・」

先「まぁ良いよ。でも忍のってちょっと苦いな」

そういうとアジャはペチャペチャと精液を味わっていた。

しばらく放心状態で二人とも横たわっているとBが焼きそばとラムネを手に帰ってきた。

B「すいません!!!海の家めちゃくちゃ込んでて!」

俺「昼飯時だもんしょうがないよ。」

先「あぁ。色々遊んでたから大丈夫だよ。」

B「ずるーい。二人だけで何してあそんでたんですかぁ?」

俺「ま、まぁいろいろと・・・」

先「いいから焼きそば食っちゃおう」

アジャは口をゆすぎもせず俺の精子の味がまだ残っているであろうまま焼きそばをかっこんだ。

その後、食事を終わった俺たちはワニを片手に海に向かった。